日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
人は死ぬ時何を見るのか

月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
人は死ぬ時何を見るのか
臨死体験1000人の証言
定価本体2,524円(税・送料別) 造本形式46判
ページ数388発売日1991/01/01
ISBN9784531080687日本教文社刊
数量:
品切れです。
facebookでシェア Twitterでつぶやく
商品の説明

人間に本来備わっている自己治癒力、生体防御力を活性化させる、イメージと思考とリラクセーションの驚くべきパワー! 難病をも克服し全人的な健康を獲得する、初のイメージ療法入門書。

商品の目次

序文──エリザベス・キュブラー・ロス
第1章 死の神秘──「先験的態度」対「探求的態度」
第2章 死後生存という概念は検証可能か
第3章 臨終時の幻──過去の研究と現在の研究
第4章 予備調査──幸先のよいスタート
第5章 死にゆく人間の見るもの
第6章 生きるべきか死ぬべきか
    ──臨終時の幻のモデルとその鑑別法
第7章 霊姿──末期患者の見る人間の幻覚
第8章 末期患者の見た霊姿の全般的特徴
第9章 霊姿体験のルーツを求めて1
第10章 霊姿体験のルーツを求めて2
第11章 抑うつと苦しみから心のなごみと安らぎへ
第12章 蘇った患者たち──臨死患者の報告
第13章 あの世の幻──死にゆく者の眼を通して見た死後の世界
第14章 死の意味──本研究から学んだこと
終章

著者プロフィール
オシス,K.(カーリス) 1917年ラトヴィア生まれ。51年から57年まで、J・B・ラインらとともにデューク大学超心理学実験室でESPの研究に従事。その後ニューヨークの超心理学財団に研究主任として着任、62年まで医師と看護婦による臨終の観察の調査を大規模に行なう。70年代には同研究の第二次調査を行なうとともに、体脱体験の実験にも精力的に取り組む。
笠原敏雄 1947年生まれ。早稲田大学心理学科を卒業後、北海道や東京の病院で心因性疾患の心理療法を続け、96年、東京都品川区に〈心の研究室〉開設。著書に『幸福否定の構造』(春秋社)、『希求の詩人・中原中也』(麗澤大学出版会)その他が、訳書に『前世を記憶する子どもたち』『生まれ変わりの研究』『超心理学史』『新版「あの世」からの帰還』『続「あの世」からの帰還』(以上、日本教文社)その他がある。
関連商品
本書の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
 1    2    3    4    5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.