日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
トップページ > 月刊誌
月刊誌
いのちの環 No.135(6月号)

いのちの環 No.135(6月号) 自然と人との調和を目指す

定価:352円(税・送料込)



環境・資源・平和の問題を解決し、芸術表現の喜びを広げる生長の家の総合誌!

特集1 いのちをつなぐ
私たちは一人で生きているのではありません。神からいのちを授かった私たちは、多くの先祖や父母のいのちを受け継ぎながら、この世に生かされているのです。“いのちの源”である神、先祖、父母に感謝して生きるとき、人生は幸せに満ちたものとなります。

・ルポ1 先祖供養を通して、酒乱だった父親に感謝することができた
母親を通して生長の家の教えに触れて育ったという男性は、北海道の農家に、8人きょうだいの6番目として生まれた。小学生の頃から農作業を手伝うようになったが、子どもの頃、一番辛つらかったのが父親の酒癖の悪さだった。父親は、酒を飲んでは家族に暴力を振るい、いったん火が付くと、同居していた祖母が止めても収まらなかった。

・ルポ2 神様、ご先祖様に感謝することで、どんな問題も乗り越えられる
岡山県で暮らす女性が、先祖供養を熱心にするようになったのは、両親の影響だった。5歳の頃、母親が心悸亢進で悩むようになり、近所に住む生長の家の信徒から、「病気はない」という教えを伝えられて感動し、集まりに参加するようになった。そこで先祖供養を勧められ、母がそれを実践するようになった。母の病気を治したいという一心で、父も一緒に聖経を読むようになり、兄と自分も、両親の傍で真理の言葉を聴きながら母の快癒を祈り、ご先祖様に感謝していた。

・先祖供養の仕方

特集2 そのままの心で生きる
・私のターニングポイント「病院の待合室で手にした、一冊の月刊誌で人生が変わりました」
・心が運命をつくる 谷口清超(前生長の家総裁)

次号の特集目次とその簡単な説明をご希望の方はこちら(毎月10日前後に送付いたします)

詳しくはこちら 立ち読みする バックナンバー

白鳩 No.135(6月号)

白鳩 No.135(6月号) 地球を愛する心美人たちへ

定価:352円(税・送料込)



物事の明るい面を見て表現する日時計主義の生き方やエコ生活を提案する女性誌!

特集1 ストレスをプラスに変える心の習慣
日々の暮らしのさまざまな場面で、ストレスを感じることは誰にでもあるものです。でも、それを心に溜め込んでしまうのか、うまく受け流していくかは、あなたの受けとめ方次第──。ストレスをプラスに変える“心の習慣”を身につけましょう。

・ルポ ありのままの自分を認め、何事も明るく受け止められるようになって
岡山県で暮らす女性は、工務店を営む一級建築士の夫と、4人の子どもたちとともに幸せな生活を送っている。独身時代はテーマパークに勤め、「男性に負けたくない!」という気概を持って、仕事で成果を挙げることにやり甲斐を感じていた。ところが結婚を機に仕事を辞めると、自分の中でモチベーションが下がり、落ち込んでしまうこともあった。周囲からは幸せな妻と思われていたが、『本当の自分を生きていない』ことに悩み、夫と一緒にいるのが辛く思われることさえあった。

・ポイント解説
明るい心と自然との触れ合いが、ストレスと上手につきあう秘訣

・心を明るく
谷口清超(前生長の家総裁)

特集2 私と家族のお弁当
・夫のために“ビタミン愛”たっぷりのお弁当を
・毎朝の愛情弁当は、夫への感謝の表現
・母の味を思い出しながら、環境に配慮したお弁当作り

・神の子の自覚を深めて前進する祈り
谷口雅宣(生長の家総裁)

書壇お手本

次号の特集目次とその簡単な説明をご希望の方はこちら(毎月10日前後に送付いたします)

詳しくはこちら 立ち読みする バックナンバー

日時計24 No.135(6月号)

日時計24 No.135(6月号) U-24にすすめる生長の家の生き方マガジン

定価:352円(税・送料込)



自然とともに伸びる、明るく元気な青少年を応援する生長の家の青年誌!

特集 内なる創造力を解き放つ
文学や音楽、絵画など、創造性の高い芸術作品に接したとき、私たちは、新鮮な感動を覚え、深い喜びに満たされる。それは、あなたのなかにも、何かを生み出したり表現したりする、素晴らしい創造力があるという証拠。「自分には創造力なんてない」と、小さな枠のなかに自分を押し込めるのではなく、まずは自分の可能性を信じること。そして、自分の内なる創造力を、今こそ解き放とう。

・特集ルポ 本当にしたいことをするとき、幸せを感じ、創造力も高まる
子どもの頃から、歌やダンスのレッスンに通い、表現することが好きだった。24歳の時に生長の家の総本山に就職し、そこで聴いた講話をきっかけに、芸能の道を歩むことを決め、演劇という新たなステージで演技力を磨いている。

・特集解説 誰もが無限の可能性の「種」を持っている

・コラム 夏目漱石と中原中也

・悦びは創造の力である 谷口雅春(生長の家創始者)

次号の特集目次とその簡単な説明をご希望の方はこちら(毎月10日前後に送付いたします)

詳しくはこちら 立ち読みする バックナンバー

前のページ1 次のページ
ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.