日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
トップページ > 月刊誌
月刊誌
いのちの環 No.129(12月号)

いのちの環 No.129(12月号) 自然と人との調和を目指す

定価:352円(税・送料込)



環境・資源・平和の問題を解決し、芸術表現の喜びを広げる生長の家の総合誌!

特集1 異常気象と地球温暖化
世界各地や日本で頻発する熱波、大雨、大雪、干ばつなどの異常気象── 今、地球の気候はどうなっているのか。異常気象と地球温暖化の関係や、気温上昇で生じるリスク、私たちが今なすべきことなどについて、長期にわたってIPCC評価報告書の執筆責任者を務めた気候変動の専門家にインタビューしました。

・インタビュー
地球温暖化を防止し、気候変動を緩和するために

特集2 過去にとらわれない
・私のターニングポイント「祖母から伝えられた教えが、苦境を乗り越える力を与えてくれました」
・過去の記憶と表現 谷口清超(前生長の家総裁)

次号の特集目次とその簡単な説明をご希望の方はこちら(毎月10日前後に送付いたします)

詳しくはこちら 立ち読みする バックナンバー

白鳩 No.129(12月号)

白鳩 No.129(12月号) 地球を愛する心美人たちへ

定価:352円(税・送料込)



物事の明るい面を見て表現する日時計主義の生き方やエコ生活を提案する女性誌!

特集1 母子でつける『日時計日記』
生長の家には、日々の喜びや感動を綴る、『日時計日記』『こども日時計日記』があります。いいこと探しを毎日繰り返していると、それが心の習慣になり、幸福感が広がります。あなたも、うれしかったことを書き留める日記を、子どもと一緒に始めてみませんか。

・ルポ 子どもの成長と喜びが綴られた日記は、家族の宝物
千葉県在住の女性の自宅を訪ねると、中学1年生の長男が、玄関でグローブを磨いていた。所属する野球チームの練習が午後からあり、その準備中だという。「懸命に練習に打ち込み、陰でも努力する頑張り屋さんです。小2の時から野球一筋で、『こども日時計日記』には野球のことばかり書いていました。今も夢はプロ野球選手なんですよ」と、嬉しそうに話す。

・ポイント解説
人生の明るい面に心の焦点を合わせ、幸せを築いていきましょう

・幸せになるには
谷口清超(前生長の家総裁)

特集2 世界が幸せになる食品の選び方
・ルポ 地球を思いやる食の選択をし、未来のために情報を発信する

・コトバの力を駆使して運命を創る祈り
谷口雅宣(生長の家総裁)

書壇お手本

次号の特集目次とその簡単な説明をご希望の方はこちら(毎月10日前後に送付いたします)

詳しくはこちら 立ち読みする バックナンバー

日時計24 No.129(12月号)

日時計24 No.129(12月号) U-24にすすめる生長の家の生き方マガジン

定価:352円(税・送料込)



自然とともに伸びる、明るく元気な青少年を応援する生長の家の青年誌!

特集 ペダルを漕いで進もう
自転車に乗ることは、心身の健康にとって良いだけではなく、地球環境を守っていくことにもつながります。そんな大きな可能性を持った自転車に乗って、風を感じてみませんか?

・特集インタビュー 自転車は楽しい。だから、ペダルを漕ぎ続ける
主にロードバイクのメンテナンスや販売などを手がける「エイジサイクル」(東京都日野市)のオーナー、岩島啓太さんは、アマチュアロードレーサーの国内最高峰のレース「ツール・ド・おきなわ」での優勝を始めとして、さまざまなレースで輝かしい成績を収めている。「自分を成長させてくれる相棒のような存在」である自転車の楽しさを、できるだけ多くの人々に伝えていきたいと語る岩島さんに、自転車の魅力について聞いた。

・書籍紹介 『自転車から平和を──“新しい文明”を築くために1』

・先ず神の国を求めるとは? 谷口雅春(生長の家創始者)

次号の特集目次とその簡単な説明をご希望の方はこちら(毎月10日前後に送付いたします)

詳しくはこちら 立ち読みする バックナンバー

前のページ1 次のページ
ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.