日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
トップページ > 月刊誌
月刊誌
いのちの環 No.101(8月号)

いのちの環 No.101(8月号) 自然と人との調和を目指す

定価:345円(税・送料込)



環境・資源・平和の問題を解決し、芸術表現の喜びを広げる生長の家の総合誌!

特集1 地熱のちから
地熱は純国産で、天候に左右されず、24時間利用できる再生可能なエネルギー源です。生長の家は、低炭素な社会を実現していくために、この“地熱のちから”の活用に着手しています。本特集では、生長の家との縁も深く、地熱発電に取り組んでいる一燈園(いっとうえん)に話を伺いました。

インタビュー 自然の力をお借りして、湯布院町で地熱発電に取り組む
多くの火山を有し、地熱資源量が世界第3位と言われる日本。しかし、現在、日本全体の総発電量に占める地熱発電量はわずか0.2%に過ぎない。そんな中、「自然が与えてくれる力をお借りする」という宗教的信念の下(もと)、地熱発電に乗り出した一燈園「燈影(とうえい)新エネルギー開発株式会社」代表取締役社長の西田宗敬さんと、同副社長の中路ススムさんに、一燈園の歴史、地熱発電所の現状、地熱発電にかける思いや今後の抱負などについて伺った。

特集2 明るい心で健康になる
・私のターニングポイント「『神様に全托しよう』と思えた時、うつ病から立ち上がることができました」
・明るい心になろう 谷口清超(前生長の家総裁)

次号の特集目次とその簡単な説明をご希望の方はこちら(毎月10日前後に送付いたします)

詳しくはこちら 立ち読みする バックナンバー

白鳩 No.101(8月号)

白鳩 No.101(8月号) 地球を愛する心美人たちへ

定価:345円(税・送料込)



物事の明るい面を見て表現する日時計主義の生き方やエコ生活を提案する女性誌!

特集 短歌に日々の想いを込めて
遙(はる)か万葉の時代から日本人は、さまざまな想いを三十一(みそひと)文字で表現してきました。何気ない日常の中で、心が動いたことを、あなたも自らの言葉で短歌にしてみませんか。きっと人生の一瞬一瞬の中にこそ、輝きと豊かさがあることに気づくでしょう。

・インタビュー ささやかだけど、この上なく素敵な刻々(こくこく)を歌にして
本誌歌壇の選者である小島ゆかりさんは、日常の中の出来事をみずみずしい表現力で歌い、活躍してきました。それらの作品が認められ、昨年(2017)秋には紫綬褒章(しじゅほうしょう)を受賞しました。その小島さんに、短歌の魅力や短歌を作る秘訣について伺いました。

・小島ゆかりさんによる添削コーナー

・人生にただ善のみ観る祈り
谷口雅宣(生長の家総裁)

・ポイント解説 この瞬間に喜びを見出し、味わい、表現しましょう

書壇お手本

次号の特集目次とその簡単な説明をご希望の方はこちら(毎月10日前後に送付いたします)

詳しくはこちら 立ち読みする バックナンバー

日時計24 No.101(8月号)

日時計24 No.101(8月号) U-24にすすめる生長の家の生き方マガジン

定価:345円(税・送料込)



自然とともに伸びる、明るく元気な青少年を応援する生長の家の青年誌!

特集 恋が教えてくれたこと
あなたは恋愛について、どんなイメージをもっていますか? 恋をすることで気持ちが前向きになり、毎日が楽しくなり、自分の世界が広がっていくことが感じられる……。そんな恋愛なら、きっとあなたを成長させる機会を与えてくれるでしょう。

・ルポ ずっと一緒に、お互いを支え合っていきたい
生長の家の行事を通じて知り合った夫と、平成29年11月に入籍し、新婚生活を送っている。大学3年のとき、経済的な理由などから学校を中退することになり、思い悩んだ。そのとき、彼がいつも明るく励ましてくれたことで、気持ちを前向きにすることができ、自分に自信が持てるようになった……。

・生活に愛の心を現わしだすときふさわしい相手に出会える

・特集解説 恋愛も結婚も「人生学校」の学びの一つ

・愛のいろいろの段階 谷口雅春(生長の家創始者)

次号の特集目次とその簡単な説明をご希望の方はこちら(毎月10日前後に送付いたします)

詳しくはこちら 立ち読みする バックナンバー

前のページ1 次のページ
ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.