日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
トップページ > 月刊誌
月刊誌
いのちの環 No.140(11月号)

いのちの環 No.140(11月号) 自然と人との調和を目指す

定価:352円(税・送料込)



環境・資源・平和の問題を解決し、芸術表現の喜びを広げる生長の家の総合誌!

特集1 忘れられた共生のまなざし
昨今、土砂崩れや土石流が頻発し、その対策として、自然を力で押さえ込む砂防ダムなどが盛んに造られています。そうした土木技術のあり方に疑問を呈し、“土中環境”から全体の環境を見直す必要があると語る、高田造園設計事務所代表の高田宏臣さんに、健全な“土中環境”とは何か、それが機能している「美しい森」とは何か、さらには、自然と人間との深い結びつきなどについて聞きました。

・インタビュー 環境と人間は、「一体不二」の関係にある

特集2 いつも明るい愛の心で
・私のターニングポイント「厳しい上司や先輩は、私を信仰に導く観世音菩薩でした」
・楽しい人生 谷口清超(前生長の家総裁)

次号の特集目次とその簡単な説明をご希望の方はこちら(毎月10日前後に送付いたします)

詳しくはこちら 立ち読みする バックナンバー

白鳩 No.140(11月号)

白鳩 No.140(11月号) 地球を愛する心美人たちへ

定価:352円(税・送料込)



物事の明るい面を見て表現する日時計主義の生き方やエコ生活を提案する女性誌!

特集1 庭づくりは自然との対話
庭は植物や昆虫、鳥など様々ないのちが共生する場でもあります。生きものたちのいのちを慈しみながら、庭を整えてみませんか。

・ルポ 花々や木のいのちに寄り添いながら、信州の自然に任せた庭づくりを楽しむ
生まれも育ちも長野で、ずっとこの信州の自然の中で暮らしている女性宅を訪ねると、庭には見事な花畑が広がり、色とりどりの花が咲き乱れていた。野菜畑にも様々な作物が元気に実っている。26歳で結婚したのと同時に、彼女はこの家を建てた。その頃は敷地内はがらんとして、クローバーが一杯だったほかは何もなかったが、自然が大好きでいろいろな花や木を育てていくうちに、今のようになったという。

・「偶然はない」と知る祈り
谷口雅宣(生長の家総裁)

・私のブックライフ
『森の日ぐらし』

特集2 『日時計日記』で願いを叶える
・ルポ1 『日時計日記』に書き続けた願いが叶い、自然食カフェを開く
・ルポ2 『日時計日記』で心が転換したとき、長男が良縁に恵まれた

・ポイント解説
『日時計日記』は明るい心を育み、人生を好転させる力となる

・宝さがし
谷口清超(前生長の家総裁)

書壇お手本

次号の特集目次とその簡単な説明をご希望の方はこちら(毎月10日前後に送付いたします)

詳しくはこちら 立ち読みする バックナンバー

日時計24 No.140(11月号)

日時計24 No.140(11月号) U-24にすすめる生長の家の生き方マガジン

定価:352円(税・送料込)



自然とともに伸びる、明るく元気な青少年を応援する生長の家の青年誌!

特集 幸せになる恋
些細なことで喧嘩をしたり、相手を束縛してしまったりと、心は通じ合っているはずなのに、どこかうまくいかない。
恋をしているのに、相手との心の距離を感じてしまっているときは、少し立ち止まって、自分のことを振り返ってみよう。
自分の気持ちを、一方的に相手に押し付けていないだろうか。
「好き」「嫌い」の感情だけに振り回されていないだろうか。
人を愛するって、とても素敵なことだから、お互いを高め合っていけるよう、ゆっくりと大切に、二人で恋を育んでいこう。

・特集手記1 考えを伝え合うことで尊重し合える関係になれる

・特集手記2 幸せな恋愛は、自分の絶対価値に気づくことから

・映画に学ぶ恋愛

・特集解説 自分と相手を尊重することが、幸せな恋愛を育みます

・神の愛 万物を霑す祈り 谷口雅春(生長の家創始者)

次号の特集目次とその簡単な説明をご希望の方はこちら(毎月10日前後に送付いたします)

詳しくはこちら 立ち読みする バックナンバー

前のページ1 次のページ
ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.