日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
うぐいす餅とバナナ

月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
うぐいす餅とバナナ
谷口純子 (著)
定価本体1,429円(税・送料別) 造本形式46判/上製
ページ数240発売日2011/04/01
ISBN9784531052660宗教法人「生長の家」刊/日本教文社発売
数量:
数量は在庫がある場合は、100まで変更することができます。
特定商取引法に基づく表示
facebookでシェア Twitterでつぶやく
商品の説明

人も自然も豊かに生きるために

自然を守り、世界の人々の幸せにつながる道がここに。物事の明るい面を見つめ、日々の「恵み」に感謝する日時計主義のエッセンスをあなたに贈ります。

昭和の初め、ある炭焼きがお土産に買って帰った、めったに食べられない「うぐいす餅」に、喜びの声を上げる家族がいました。そして現代、私たちが日常的に買って食べる安価な「バナナ」が、実は地球温暖化と世界の貧困の一因になっています。
ほんとうの豊かさ、幸せとは何なのかと、著者は私たちに問いかけます。
私たちがいま与えられている様々な「恵み」の価値に気づき、感謝して生活すること。それは、自然を壊さず、他の人々から奪わない生き方につながります。日々の生活をより深く、明るく、心豊かに生きるためのヒントが示された、著者の真摯な思いがこもったエッセイ集です。本書はオールカラーで、著者撮影の写真20点、イラスト4点が収録されています。

商品の目次

はじめに

第1章 楽園はどこに
楽園はどこに/煙が消える/運命の“罰ゲーム”/いのちの輝き/目を開けて信じる/うぐいす餠の幸せ/花が風にゆれたとき/心の向きを変えて

第2章 目の前のしあわせ
桜とパン/料理は修行/自分が主役/ブログ始めの記/無為もまたよし/結婚は前に進むこと/ゆっくり歩けば…/目の前のしあわせ/桜月夜/宝の時間

第3章 自然に生かされて
たそがれどき/自然に生かされて/善への布石として/余白をつくる/シンプルな答え/バナナに悩む/良いことができる

第4章 雛祭り
社会の空気/絵本美術館/謙虚で、豊かに/イスラムの女性たち/「平和の日」に思う/幸せな集落/雛祭り/アマゾンの町に生きる

著者プロフィール
谷口純子 1952年三重県に生まれ。日本航空客室乗務員を経て、1979年、谷口雅宣氏(現生長の家総裁)と結婚。1992年、生長の家白鳩会副総裁。2009年、生長の家白鳩会総裁に就任。二男一女の母。現在『白鳩』誌に「日々わくわく」、『日時計24』誌に「あなたが未来」を執筆している。著書に『この星で生きる』『平和のレシピ』『おいしいノーミート 四季の恵み弁当』『うぐいす餅とバナナ』(以上、生長の家刊)、『突然の恋』『小さな奇跡』『新しいページ』『花の旅立ち』(以上は日本教文社)、子ども向けの日記『こども日時計日記』(生長の家刊)などがある。ブログ=「恵味な日々」を執筆している。
本書の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
 1    2    3    4    5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.