日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
新しいページ

月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
新しいページ
谷口純子 (著)
定価本体1,429円(税・送料別) 造本形式46判/上製
ページ数234発売日2004/11/01
ISBN9784531052431日本教文社刊
数量:
数量は在庫がある場合は、100まで変更することができます。
特定商取引法に基づく表示
facebookでシェア Twitterでつぶやく
商品の説明

『白鳩』誌に著者が毎月連載している「四季のエッセイ」(平成13年4月号〜平成16年9月号掲載分)の中から、四十編をセレクトした珠玉のエッセイ集。
 この時期に、著者には子供たちの巣立ちと講習会への出講という大きな変化がありました。
 子供の巣立ちは、母親であればいつかは迎えるものですが、著者も想像以上に寂しい思いをされたようです。また、講習会に夫(谷口雅宣先生)と一緒に出講されるようになったことでの心の変化も語られています。
 タイトルの「新しいページ」には、未来に向かって、つねに前向きに生きる著者の心情がこめられました。
 また、本書では実家のご両親に宛てて毎日描いておられる絵手紙がはじめて公開されました。40編のそれぞれには著者自身のイラストも入っています。
 日常生活に生長の家の教えを生かし、すがすがしく生きる著者の自然へ、社会へ、家族への思いにあふれた、心温まる一冊です。

商品の目次

はじめに
人生の節目 - 子育てが終わろうとしている(2001年1月〜12月)
 心の居場所/人生の節目/鑑真和上うららかな春の日に
 山の春/伴侶のある可能性/半袖の正装
 出かけて行った娘/共感する心/理想に生きる

“二人の自分”の間で - 変化への恐れと挑戦(2002年2月〜10月)
 サポーターからパートナーへ/聖職者の驕り/ある春の日に
 バスの中で/“二人の自分”の間で/理想をもち、語ること
 鍬の手応え/父をもてなす/一人でも始めよう/ある季節の終わりに

海苔巻の味 - 子供に最後のお弁当を作る(2002年10月〜2003年8月)
 人々の祈り/現実を変えるもの/三角の指輪/海苔巻の味
 ミス・コンテスト/新しいページ/可愛い子には旅を
 一万円のワイン/星に教えられ/庭からの贈りもの

今がいちばん - 過去でも未来でもなく(2003年9月〜2004年5月)
 人々の輪/レトログラス/人生遍路/小さな善行を積む
 いのちの不思議/善意の人々/春浅し
 今がいちばん/鳥の子育て/日本の風景

著者プロフィール
谷口純子 1952年三重県に生まれ。日本航空客室乗務員を経て、1979年、谷口雅宣氏(現生長の家総裁)と結婚。1992年、生長の家白鳩会副総裁。2009年、生長の家白鳩会総裁に就任。二男一女の母。現在『白鳩』誌に「日々わくわく」、『日時計24』誌に「あなたが未来」を執筆している。著書に『平和のレシピ』『おいしいノーミート 四季の恵み弁当』『うぐいす餅とバナナ』(以上、生長の家刊)、『突然の恋』『小さな奇跡』『新しいページ』『花の旅立ち』(以上は日本教文社)、子ども向けの日記『こども日時計日記』(生長の家刊)などがある。ブログ=「恵味な日々」を執筆している。
本書の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
 1    2    3    4    5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.