日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
トップページ > 月刊誌 > いのちの環 No.90(9月号) 自然と人との調和を目指す
いのちの環 No.90(9月号)

編集:宗教法人「生長の家」
発行:株式会社 日本教文社
月刊誌は一般財団法人 世界聖典普及協会より配送されます。
特定商取引法に基づく表示
月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
いのちの環 No.90(9月号)
自然と人との調和を目指す
定価345円(税・送料込)
サイズ/ページ数 A5(148×210ミリ)/68
一冊:345円(税・送料込)
数量:
数量は在庫がある場合は、100まで変更することができます。
年間購読:3,780円(税・送料込)
購読開始号:
月刊誌3誌(いのちの環・白鳩・日時計24)を合わせて5部以上年間購読すると、3,300円(税・送料込)になります。(但し、開始月が同じで、同名義で同じ住所へ送付する場合に限る)
海外送本は1冊 : 364 円<船便送料込>(No.49までは371円<船便送料込>)
年間購読 : 4,080円(船便送料込)
月刊誌3誌(いのちの環・白鳩・日時計24)を合わせて5部以上年間購読すると、3,456円(船便送料込)になります。(但し、開始月が同じで、同名義で同じ住所へ送付する場合に限る)
海外送本はこちら
立ち読み facebookでシェア Twitterでつぶやく バックナンバー
内容

環境・資源・平和の問題を解決し、芸術表現の喜びを広げる生長の家の総合誌!

□環境保全や資源問題の解決に取り組む人の記事を掲載します。
□すべてのいのちを大切にする生き方を伝えます。
□芸術表現を行っている人やその投稿作品を掲載します。

特集

特集1 自然と共に生きる人たち
都会ではなく、自然豊かな地方を舞台に、雨水を利用し、森林を整備して森を活性化する人、農薬や化学肥料を使わない農業に挑戦する人がいます。自然から奪わない、自然に与える生活の中に、本当の豊かさがあることを教えてくれます。

ルポ1 那須高原の森で、生かされ、癒される日々
「このログハウスは、建設業者の手を借りながら自分でも作業し、ほぼ一年がかりで、平成18年の末に完成したものです。昔から自然が大好きで、どうしても自然の中にログハウスを造って暮らしたいと思っていたものですから」
 業者に委託した屋根、外壁、床、天井などの施工を除き、窓や内壁、トイレの棚、部屋の仕切り、簡単な電気の配線、井戸掘りなど自分でできることについては、当時、住んでいた那須塩原市内のアパートから足繁く通って作業したという。自ら造り上げたログハウスで、省エネにさまざまな工夫を凝らす生活を取材した。

ルポ2 無農薬、無化学肥料に挑み“頑張らない農業”に転換
島根県出雲市で農業を営む夫妻は、農薬や化学肥料を使わず自然に近い形で作物を育てる自然栽培で、野菜作り、米作りを行っている。昔は、農協から指導されるままに農薬をたくさん使ってきたが、そうしたやり方では、喜びを感じられないだけでなく、経済的にも行き詰まってしまうことが多かった。土壌が弱り、年々キクの収穫量が減って、資材代がかかりすぎた。頑張れば頑張るほど赤字になる農業に疑問を感じながら続けてきたが、4年前ついに“頑張らない農業”に踏み切った。

特集2 願いは叶う
・私のターニングポイント「恩人へのわだかまりが消えた時、57歳で良縁に恵まれました」

・熱望成就 谷口清超(前生長の家総裁)

次号の特集目次とその簡単な説明をご希望の方はこちら(毎月10日前後に送付いたします)

そのほかの目次

自然の営みに神の御徳を観ずる祈り
谷口雅宣(生長の家総裁)

聖典をひらく 小鳥の如く単純に
谷口雅春(生長の家創始者)

●いのちの回廊 谷口雅春(生長の家創始者)
●美のステージ
人の生き方に通じる心を込めて仕上げた編み物
●信仰随想
生長の家との深い縁を感じながら日々を生きる
●コラム 悠々味読
マインド・ワンダリングを解消する効果的な方法
●連載 マイギャラリー 絵と人生
ばらばらの記憶が一つに繋がった心の光景をカンバスに写した『虹の華』
●リレーエッセイ脱原発
福島の地に新教化部会館を建設し、“脱原発”を世界に発信する
●連載 オーガニック野菜を作る
プランター栽培 小松菜などの葉物野菜の作り方(その2)
●森からのエコルポ
自然体験プログラムを通し、新しい田舎暮らしを提案企画
●新シリーズ 今、憲法を考える
日本国憲法の改正要件は厳しすぎるのか?

●Q&A誌上カウンセリング
「無理に結婚させた姉が憎い」
●私のこの一冊
『新版 光明法語【道の巻】』

●マイタウン、マイファミリー
前夫を赦し、感謝することで心臓弁膜症が癒え、良縁に恵まれる(山口県山口市)
●広げよう、いのちの環
漢方医としての仕事に、大きな影響を与えた教え・1(中華民国)

●絵手紙ぽすと
●俳壇 俳句への招待  櫂未知子(俳人)
●読者のページ
●生長の家インフォメーション
●人生の光となった言葉

関連商品
本誌の感想
瞑想の良さがよくわかった。
2010/10/18
by
楽多郎
いのちの環を実感するためには、生きとし生けるものとの一体感が必要に思いますが、その一体感は瞑想で得るところも多いと思います。そのことがインタビューやルポ、そして解説でよくわかりました。大変参考になりました。ありがとうございました。
本誌の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
 1    2    3    4    5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.