日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
トップページ > 自伝・評伝
自伝・評伝
  • 表示順
めざめゆく魂

めざめゆく魂

谷口輝子 (著)

夫の理想にひたむきに従い、愛や調和にめざめてゆく過程を流麗な筆で綴る。本書に一貫して流れる美しく清らかな魂こそ、人類光明化運動を内から支えてきたものである。

ISBN:9784531050291 造本形式:46判  ページ数:306  定価:本体2,914円(税・送料別)

詳しくはこちら

こころの旅路

こころの旅路

谷口恵美子 (編著)

常に道を求めつつ、真理伝道の講演と旅の動向を切々と綴られた谷口雅春先生の肉声そのままの私信をもとに、著者の思い出を交えてたどる生長の家の内面史。人類光明化の熱誠が伝わる。

ISBN:9784531051632 造本形式:46判  ページ数:370  定価:本体1,650円(税・送料別)

詳しくはこちら

輝子先生を偲んで

輝子先生を偲んで

谷口恵美子 (監修)

生長の家創始者谷口雅春大聖師の妻として、愛と真心と信仰に生きた姿を、新たに発見された日記をはじめ、家族・関係者の思い出や一般公募で寄せられたエピソードで浮き彫りにする。

ISBN:9784531051779 造本形式:46判  ページ数:430  定価:本体1,942円(税・送料別)

詳しくはこちら

普及版 めざめゆく魂

普及版 めざめゆく魂

谷口輝子 (著)

生長の家初代白鳩会会長である著者が、のちに結婚することとなる谷口雅春師と出会い、その理想にひたむきに従いつつ、妻として、母として、弟子として、理想の女性像をつくりあげてゆく、美しくも清らかな魂の記録。生長の家の黎明期のエピソードを記した貴重な資料でもある名篇が、親しみやすいソフトカバーで登場します。

ISBN:9784531052073 造本形式:46判  ページ数:306  定価:本体1,714円(税・送料別)

詳しくはこちら

増補新版 常楽への道

増補新版 常楽への道

谷口雅春師より宗教的天才と評された著者が、自身の内に、出会う人々に、日常の些事等に神を観じ、求道と信仰の悦びを美しく綴った信仰随想集。現存する著者唯一の講演録を新たに収録。

『続 常楽への道』へはこちら

ISBN:9784531062812 造本形式:46判  ページ数:384  定価:本体2,300円(税・送料別)

詳しくはこちら

続 常楽への道

続 常楽への道

生長の家の創始者・谷口雅春大聖師が「宗教的天才」と称えた著者の待望久しい遺稿集。文字通り命をかけて追究し、生き抜いた信仰の神髄は、読む者の襟を正さずにはおかない。生長の家の良心ともいうべき純粋で清冽な著者の心意気は全編を貫き、万人の心に爽やかな感動を与える。信仰生活の美しさ、厳しさ、そしてその法悦の極致を堪能することができるだろう。
『増補新版 常楽への道』へはこちら

ISBN:9784531063628 造本形式:46判  ページ数:264  定価:本体1,759円(税・送料別)

詳しくはこちら

マザー・テレサ 愛を語る

マザー・テレサ 愛を語る

殺伐とした現代社会に愛の光をもたらし、見捨てられた人々につくすマザー・テレサ。彼女自らが、その活動の源泉となっている神への愛、隣人愛について語る。未発表書簡・会見収録。

ISBN:9784531080243 造本形式:46判  ページ数:220  定価:本体1,095円(税・送料別)

詳しくはこちら

マザー・テレサ 愛の旅立ち

マザー・テレサ 愛の旅立ち

世界的な広がりを見せたマザー・テレサ(1997年9月5日ご逝去)の活動。この愛の源泉は何処にあったのか? 本書は、彼女の少女時代から刊行当時までの活動の軌跡を辿り、その愛の全貌を明らかにする。

ISBN:9784531080342 造本形式:46判  ページ数:158  定価:本体800円(税・送料別)

詳しくはこちら

生還

生還死に直面した11人の記録

「あと数カ月の命です」と宣告されながらも、末期がん・心臓病・重度の精神障害などの難病に挑戦し、奇跡的な「生還」を遂げた11人の患者たち。その勇気と信仰と愛とを綴った克明な記録。

ISBN:9784531080656 造本形式:46判  ページ数:400  定価:本体1,942円(税・送料別)

詳しくはこちら

フィンドホーンの花

フィンドホーンの花

北スコットランドにある天使や妖精が舞う楽園フィンドホーン。創始者アイリーンは、ある日突然、内なる声を聞き、“聖なる旅”に出てしまう。苦難の末、やっと自由を得た女性の真実の物語。

ISBN:9784531080878 造本形式:46判  ページ数:356  定価:本体2,038円(税・送料別)

詳しくはこちら

マザー・テレサ 愛の軌跡 <増補改訂版>

マザー・テレサ 愛の軌跡 <増補改訂版>

生前のマザーが公認した唯一の評伝!

18歳で単身インドへわたり、修道女としての道を歩みはじめた一人のアルバニア人女性・テレサ。修道院での生活も二十年目を迎えたある日、彼女は「もっとも貧しい人々のために尽くせ」という“神の声”を聞く…… 現代の聖母と慕われたマザーの生涯を克明に描いた、感動のノンフィクション。未公開資料多数収録。

ISBN:9784531081295 造本形式:46判  ページ数:352  定価:本体1,905円(税・送料別)

詳しくはこちら

天使の歌が聞こえる

天使の歌が聞こえる

天使や花が舞う楽園・フィンドホーン。荒れ地ではできないはずの大きな野菜や果物が採れたことで有名な北スコットランドの地。それは自然の精(ディーバ)たちが、人間に自然と協力することを熱く呼びかけ、ドロシーたちが指示通り実行したことから生まれる。「自然と一体になり、自然を愛しなさい。そして人間本来の役割を取り戻しなさい……」と。
自然破壊が叫ばれる今、地球のありとしあるものと一体になって生きる道を示す、フィンドホーン創設者の真実の物語。

ISBN:9784531081325 造本形式:46判  ページ数:270  定価:本体1,524円(税・送料別)

詳しくはこちら

神はいずこに

神はいずこにキリスト教における悟りとその超越

少女時代にカトリックの修道会に入り、伝統的な観想修行を10年間続けた著者は、その間に神との合一を体験し、その後、世俗に戻って平凡な主婦としての生活を送っていました。ところが40代になって突然、自己の消滅が起こります。自己も神も見失った「魂の暗夜」とよばれる虚無の深淵を、著者はどのように生き抜いたのでしょうか? その魂はどのように変容していったのでしょうか? 変容の果てにたどり着いた真の成熟の境地とはどのようなものなのでしょうか?中世スペインの神秘家、十字架の聖ヨハネをガイドに綴られた稀有な魂の記録です。

ISBN:9784531081660 造本形式:46判  ページ数:300  定価:本体2,286円(税・送料別)

詳しくはこちら

前のページ1 次のページ
ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.