日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
トップページ > 教文選書
教文選書
  • 表示順
暴力論

暴力論喧嘩・テロリズム・核戦争をつなぐもの

原田統吉 (著)
シリーズ 教文選書

暴力とは何か?
時流に左右される暴力観、反暴力思想と現実の暴力行為… いじめからテロ、戦争まで、頻発する多様な暴力の本質と機能を徹底的に分析考察。暴力全般の論理の体系化を試みた労作。

ISBN:9784531015061 造本形式:46判/上製  ページ数:230  定価:本体1,400円(税・送料別)

詳しくはこちら

国家と宗教の間

国家と宗教の間政教分離の思想と現実

大原康男 (著) , 百地章 (著) , 阪本是丸 (著)
シリーズ 教文選書

憲法20条「政教分離」規定の本質と現状に、気鋭の学者3人が歴史面、文化面、欧米との比較などから迫る。政教問題を考える前提となる事実認識に焦点をあて、真の政教関係のあり方を模索。

ISBN:9784531015122 造本形式:46判/上製  ページ数:314  定価:本体1,752円(税・送料別)

詳しくはこちら

昭和天皇論・續

昭和天皇論・續

シリーズ 教文選書

昭和天皇を深く敬愛する著者が、昭和天皇の御不例から崩御、新天皇の践祚までを辿り、その類稀なる御事蹟を振り返る。昭和の意味と平成日本のあるべき姿を提示する、示唆に富む評論集。

ISBN:9784531015139 造本形式:46判/上製  ページ数:252  定価:本体1,650円(税・送料別)

詳しくはこちら

二十一世紀の世界像

二十一世紀の世界像グローバル化の中の日本の経済と文化

シリーズ 教文選書

20世紀の社会主義が自己崩壊し、21世紀には“新しい自由主義”が到来する――その新時代の国際社会と世界経済の姿を浮き彫りにするとともに、日本の経済と文化が世界に果す役割を考える。

ISBN:9784531015160 造本形式:46判/上製  ページ数:336  定価:本体1,942円(税・送料別)

詳しくはこちら

劇的なる精神 福田恆存

劇的なる精神 福田恆存

井尻千男 (著)
シリーズ 教文選書

薄められたニヒリズムの戦後日本に、古典主義的精神で臨んだ戦後の代表的保守派知識人・福田恆存の「精神の核」を浮き彫りにし、現下日本の根源的問題を考察する本格評論。中村星湖賞受賞。

ISBN:9784531015177 造本形式:46判/上製  ページ数:268  定価:本体1,650円(税・送料別)

詳しくはこちら

脱戦後の条件

脱戦後の条件凸型文明から凹型文明へ

岡本幸治 (著)
シリーズ 教文選書

今日の日本に最も必要なことは文明の大転換である。知性を偏重し、「戦後」という時代に圧倒的な影響を与えた西洋近代の凸型文明から、知・情・意の調和を求める凹型文明への転換を訴える。

ISBN:9784531015184 造本形式:46判/上製  ページ数:324  定価:本体2,136円(税・送料別)

詳しくはこちら

文明の大潮流

文明の大潮流近代的知性から宇宙的霊性へ

シリーズ 教文選書

世紀末の今日、人類はユークリッド的知性による近代文明のパラダイムから、霊的知性による「地球文明」のパラダイムに移行しつつあることを、科学その他の各分野の新事実を紹介しながら論証する。

ISBN:9784531015191 造本形式:46判/上製  ページ数:288  定価:本体1,553円(税・送料別)

詳しくはこちら

思想の旅路

思想の旅路神なき世紀の悲劇を見つめて

シリーズ 教文選書

20世紀とは人類にとっていかなる世紀であったのか。共産主義の悲劇、二度の世界大戦、核拡散、生命の人工管理など“神の心”を知らずして“神の知識”を手にした人類はどこへ行くのか。政治思想史の権威が世紀末に激動の近現代を俯瞰し、鋭く現代文明の問題を衝くと共に、克服への道を示唆する勝田思想の集大成。

ISBN:9784531015207 造本形式:46判/上製  ページ数:370  定価:本体1,619円(税・送料別)

詳しくはこちら

前のページ1 次のページ
ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.