日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
トップページ > 環境・平和
環境・平和
  • 表示順
宗教はなぜ都会を離れるか?

宗教はなぜ都会を離れるか?世界平和実現のために

谷口雅宣 (著)

人類社会が「都市化」へと偏向しつつある現代において、生活の中で「都市」と「自然」のバランスを取ることの必要性を詳述。宗教は今こそ都会を離れ、自然に還り、世界平和に貢献すべき時期に来ていると強調している。

本書の中で著者は、世界の人類の半数以上が都市生活者となるなか、人間社会の「都市化」への偏向が、人間社会への影響をはじめ、資源・エネルギー問題、環境問題など、現代の様々な問題を生む大きな原因の一つとなっていると指摘する。

ISBN:9784531059126 造本形式:46判/上製  ページ数:388  定価:本体1,389円(税・送料別)

詳しくはこちら

平和のレシピ

平和のレシピ

谷口純子 (著)

世界を幸せにする、新しい暮らしと食のスタイル

私たちがどのように暮らし、何を買い、何を食べるのかは、世界の平和に直接影響を与える。本書は、すべてのいのちと次世代の幸福につながる、新たなライフスタイルを提案する。

●平和のライフスタイル、5つの提案
*「日時計主義」で生きる
*肉食を控えよう
*買い過ぎない、持ちすぎない
*地産地消を心がける
*家庭菜園にチャレンジする

ISBN:9784531052691 造本形式:46判/上製  ページ数:248  定価:本体1,389円(税・送料別)

詳しくはこちら

戦後の運動の変化について

戦後の運動の変化について

谷口雅宣 (著)

(本書の発売は2017/01/31になりますので、発送はそれ以降になります。)

 このブックレットは、谷口雅宣(生長の家総裁)著『宗教はなぜ都会を離れるか?』の第1章「運動の変化について」と、2014年11月22日、生長の家総本山で行われた「谷口雅春大聖師御生誕日記念式典」での言葉「運動の変化と宗教の使命」(『生長の家』誌2015年2月号に掲載)を収録したものです。

 2016年11月、谷口雅宣監修による、「誌友会のためのブックレットシリーズ」第3弾
『“人間・神の子”の教えは立憲主義の基礎――なぜ安倍政治ではいけないのか?』
が発刊されましたが、本書はそのブックレットの内容や、2016年6月9日に生長の家が発表した「与党とその候補者を支持しない」という参議院選挙に対する教団の方針の意図などを正しく理解していただくために出版されました。

 本書では、戦後の冷戦時代の生長の家の運動が、その後の世界状況の変化の中で、どのように変わってきたかを解説しながら、教えの周縁部分は時代に応じて変化してきたものの、教えの中心部分は一貫して不変であることが書かれています。

ISBN:9784531059157 造本形式:A5判/並製  ページ数:90  定価:本体227円(税・送料別)

詳しくはこちら

“人間・神の子”は立憲主義の基礎

“人間・神の子”は立憲主義の基礎なぜ安倍政治ではいけないのか?

 生長の家は2016年6月9日、夏の参議院選挙に対する生長の家の方針「与党とその候補者を支持しない」を発表しました。本書の発刊の背景には、安倍政権が、「立憲主義」を軽視し、生長の家の信仰と相容れない政策や政治運営を行ってきたことがあります。このまま安倍政権に政治を任せておけば、政権に都合の良い憲法改正が行われ、独裁政治に陥る危険性があるのです。しかし、それを理解するためには、まず「立憲主義」について学び、生長の家の“人間・神の子”の教えが「立憲主義」の基礎となることを知らなければなりません。本書はそのことがコンパクトにまとめられています。

ISBN:9784531059140 造本形式:A5判/並製  ページ数:80  定価:本体227円(税・送料別)

詳しくはこちら

次世代への決断

次世代への決断宗教者が“脱原発”を決めた理由

谷口雅宣 (著)

地球温暖化、気候変動、放射能汚染の根因は 人類の欲望にある――
次世代のために自然と調和した文明を構築するための道を示す希望の書。

本書は、宗教法人として初めてISO14001を取得し、環境保全活動に力を入れている生長の家の総裁が、東日本大震災にともなう東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、宗教者の立場から原子力発電の問題点を明らかにし、“脱原発”を決めた論考、講演録等をまとめたものです。

ISBN:9784531059072 造本形式:46判/上製  ページ数:400  定価:本体1,524円(税・送料別)

詳しくはこちら

“森の中”へ行く

“森の中”へ行く人と自然の調和のために生長の家が考えたこと

谷口雅宣 (著) , 谷口純子 (著)

なぜ“大都会”から“森の中”へ移るのか――
人間至上主義の現代文明に一石を投じる書!

生長の家国際本部は、2012年度(平成24年度)までに東京・原宿から山梨県北杜市の八ヶ岳南麓に建設される“森の中のオフィス”へと移転する。大都会から離れて、あえて“森の中”へと移る理由は何なのか。本書は、気候変動問題、エネルギー問題、生物多様性の問題、地方の過疎化の問題など、現代文明が生み出した様々な問題の克服を目指して、自然との共生に大きく踏み出した生長の家の真意を、インタビュー、講演録、エッセイなどによって分かりやすく解説。「なぜ“森の中”なのか?」という疑問に応え、21世紀の人類が築いてゆくべき文明のあり方を示した注目の書!

ISBN:9784531059065 造本形式:新書判  ページ数:240  定価:本体952円(税・送料別)

詳しくはこちら

おいしいノーミート 四季の恵み弁当

おいしいノーミート 四季の恵み弁当

谷口純子 (著)

人気ブログ「恵味(めぐみ)な日々」のお弁当がたのしいレシピ本になりました。

本書は、一般のレシピ本とは違い、エッセイや写真などを通じて、家族や自分自身のために真心を込めてノーミート弁当を作ることで、世界平和や地球環境保全に貢献するだけでなく、家庭に調和をもたらすことを教えてくれる実践的ガイドブックとなっている。

ISBN:9784531052677 造本形式:A5判  ページ数:132  定価:本体952円(税・送料別)

詳しくはこちら

わたしが肉食をやめた理由

わたしが肉食をやめた理由

バーベキュー好きの一家が、なぜベジタリアンに転向したのか? 食生活が私たちの環境・健康・倫理に与える影響を中心に、現代社会で菜食を選び取ることの意義を平明に綴った体験的レポート。

ISBN:9784531015511 造本形式:46判  ページ数:168  定価:本体1,200円(税・送料別)

詳しくはこちら

異常気象は家庭から始まる

異常気象は家庭から始まる脱・温暖化のライフスタイル

地球温暖化の基礎知識と現状分析、日常生活との関連、採るべきライフスタイルまで、平均的家庭をモデルケースに読み物形式でわかりやすく解説。温暖化について知りたいならまず本書から。

ISBN:9784531015528 造本形式:46判  ページ数:270  定価:本体1,524円(税・送料別)

詳しくはこちら

昆虫 この小さきものたちの声

昆虫 この小さきものたちの声虫への愛、地球への愛

身近な昆虫を中心に、その生態から、古今東西の虫に関する文化、近代における昆虫排除の心理と構造、さらには虫とのコミュニケーションの可能性まで、幅広い視点から掘り下げる画期的な書。

ISBN:9784531015535 造本形式:46判  ページ数:470  定価:本体1,905円(税・送料別)

詳しくはこちら

地球を冷ませ!

地球を冷ませ!私たちの世界が燃えつきる前に

英国ベストセラー&世界14カ国で出版決定の、誰も知らなかった環境問題の真実、そして新しい「カーボンレス社会」のつくり方がわかる本!

地球温暖化による世界の終末を防ぐため、2030 年までに先進国の二酸化炭素排出を90%削減しよう! 私たちの文明を壊さずに地球を冷ますための、カーボンレス社会実現への行動プラン。

ISBN:9784531015542 造本形式:46判  ページ数:432  定価:本体1,905円(税・送料別)

詳しくはこちら

もの思う鳥たち

もの思う鳥たち鳥類の知られざる人間性

鳥ってほんとうは「羽をもった人間」なのかも? 今まで気にとめなかった、あなたの身近にいる鳥たちと友だちになるための本。[日本図書館協会選定図書]

ISBN:9784531015559 造本形式:46判  ページ数:336  定価:本体1,905円(税・送料別)

詳しくはこちら

自然への介入はどこまで許されるのか

自然への介入はどこまで許されるのか事例で学ぶ環境倫理

生態系と生活、どちらを優先すべきか?

ダム建設、サンゴ礁保護、放射性廃棄物、砂漠化、遺伝子組み換え作物など、世界各地の環境問題から12 の典型例を取り出し、生態系と人間社会の不可避的な葛藤と解決への道を考えていく。

ISBN:9784531015566 造本形式:46判  ページ数:400  定価:本体2,190円(税・送料別)

詳しくはこちら

パクス・ガイアへの道

パクス・ガイアへの道地球と人間の新たな物語

●21世紀の人間の役割を宇宙的規模で考える

生態系の危機の重大さとその原因、危機を乗り越えるための対策、そして意識的存在としての人間の役割について、壮大なスケールで考察。エコロジーの思想的基盤を知りたい方には必読の書。

ISBN:9784531015573 造本形式:46判  ページ数:248  定価:本体1,619円(税・送料別)

詳しくはこちら

大道を歩むために

大道を歩むために新世紀の道しるべ

谷口清超 (著)

限定も、束縛も、ひっかかる所もない、広々とした人生の「大道」を歩む秘訣は何か? それは、自我の知恵や計らいを放棄して、神の智慧をこの世に現し出すことにあることを、身近な健康問題、家庭問題、地球規模の自然環境問題、経済問題など、様々な問題を取り上げながら詳述。新世紀が幸福の世紀となるための鍵を示す指針の書!

ISBN:9784531052172 造本形式:46判  ページ数:244  定価:本体1,143円(税・送料別)

詳しくはこちら

神を演じる人々

神を演じる人々

谷口雅宣 (著)

「神の力」を得た人間たちを待ちうける、近未来の驚くべき世界とは?

動植物の遺伝子組み換えや人間の遺伝子強化、体細胞クローン技術、高度生殖医療技術など、いつの間にか「神の役割」を演じ、自らの存在そのものを操作し始めた人間たち。私たちが向かいつつある新しい世界――そこに生きる、近未来の人々の運命は?
科学の発達と人間の精神性とのバランスが崩れた危うい世界の姿を、リアルな筆致と大胆なイマジネーションで描き出す、著者初の短篇小説集。(解説・島薗 進 [東京大学教授])

ISBN:9784531052349 造本形式:46判/上製  ページ数:252  定価:本体1,238円(税・送料別)

詳しくはこちら

一番大切なもの

一番大切なもの

谷口清超 (著)

本書は生長の家総裁が2004年に著した本です。環境保全への取り組みが、もはや待ったなしとなった今日、わたしたちが考えるべき「一番大切なこと」とは何か。これが本書のテーマです。本書を読めば、地球環境問題とは、実は一人ひとりの「心」の問題であり、環境問題の克服のために、本当に改善しなくてはならないのは、「結果」であるところの「環境」というより、むしろ「原因」であるところの「心」であることが納得できるはずです。

ISBN:9784531052370 造本形式:46判  ページ数:232  定価:本体1,150円(税・送料別)

詳しくはこちら

秘境

秘境

谷口雅宣 (著)

森にひとり棲むその少女は、
ひとりの新聞記者の人生を変えた――
人と自然の未来を問いかける、感動のエコロジー小説!

東北の山中で生き続けてきた、自然の「化身」のような少女と、彼女を現代社会に連れ出そうとする新聞記者との魂の交流。
二人を待っていた運命とは……?
「光の泉」2003年10月号から2005年8月号に大好評連載の長編小説を大幅改稿し、新たに書き下ろし最終章を加えた完全版、待望の単行本化なる!

ISBN:9784531052530 造本形式:46判/上製  ページ数:292  定価:本体1,333円(税・送料別)

詳しくはこちら

神を演じる前に

神を演じる前に

谷口雅宣 (著)

遺伝子操作、クローン人間、人工臓器移植…… 科学技術の急速な進歩によって「神の領域」に足を踏み入れた人類はどこへ行こうとしているのか?
その前になすべき課題は何かを真摯に問う。

ISBN:9784531059003 造本形式:46判/上製  ページ数:258  定価:本体1,238円(税・送料別)

詳しくはこちら

今こそ自然から学ぼう

今こそ自然から学ぼう人間至上主義を超えて

谷口雅宣 (著)

自然への拷問は人への拷問だ!

手遅れになる前に今、宗教家が言うべきことは――人間は調和した自然の一部、精子・卵子の操作をするな、子を選んで生むなかれ、人の胚の利用はやめよう、死亡胎児を利用するな、卵子・精子・受精卵の提供はやめよう……

ISBN:9784531059010 造本形式:46判/上製  ページ数:372  定価:本体1,238円(税・送料別)

詳しくはこちら

前のページ123 次のページ
ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.