日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
たましいの記録〈デジタル・オンデマンド版〉

月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
たましいの記録〈デジタル・オンデマンド版〉
シリーズエマソン選集 (7)
定価本体3,800円(税・送料別) 造本形式A5判(元本よりひと回り大きいため、文字も少し大きい)/並製カバーなし
ページ数364(シリーズ初版発行時の月報を巻末に含む)発売日2015/04/01
ISBN9784531026371日本教文社刊
数量:
数量は在庫がある場合は、100まで変更することができます。
特定商取引法に基づく表示
facebookでシェア Twitterでつぶやく
商品の説明

兄弟のなかでも最も凡庸な才能の持ち主とみられたエマソンが、劣等感や病弱など、数々の不幸を克服して、絶対的な自己信頼を強調する立場に到達するまでの、彼の歩みの刻々を、本書のなかにたどることが出来る。(このシリーズのオンデマンド版では元本よりひと回り大きいため、文字も少し大きくなっています。)

商品の目次

1820年 ハーヴァード大学在学時代
1821年 ハーヴァード大学卒業
1822年 私塾教師時代
1823年 私塾教師時代 南部旅行
1824年 牧師たらんとする決意を固める
1825年 ハーヴァード大学神学部入学 病弱
1826年 病弱 南部旅行
1827年 見習牧師時代 神学部再入学
1828年 弟エドワードの発狂 エレン・タッカーと婚約
1829年 ボストン第二教会副牧師となる エレンと結婚
1830年 独自の思想を展開し始める
1831年 エレンの死 愈々思想的に深まる
1832年 ボストン第二教会牧師を辞し、欧州旅行の途にのぼる
1833年 イタリー、スイス、フランス、イギリスを旅し、十月帰国
1834年 講演者としての名声とみに高まる コンコードの「オールド・マンス」に居を定める
1835年 リディア・ジャクソンと結婚 思想の果実が豊かなみのりの時期を迎える
1836年 弟チャールズの死 処女作『自然』を出版
1837年 講演「アメリカの学者」が多くの反響をよび、超絶主義運動の中心人物となる
1838年 田園生活を楽しみつつ独自の思想の世界を深く耕す

訳者あとがき
索引

著者プロフィール
エマソン,R.W.(ラルフ・ウォルドー) 1803年アメリカ・ボストンに生まれる。 父は牧師。1821年ハーバード大学を卒業。 アメリカを代表する詩人・思想家。 神と自然と人間の究極的合一を説く超越論を唱えた。 著書に『自然論』等がある。
小泉一郎 明治45年生まれ。昭和14年東京帝大文学部卒、東京帝大大学院文学研究科英文学専攻修士課程修了、ペンシルバニア大学留学。水戸高校(旧制)、東京女子大学教授を経て、学習院大学文学部教授。アメリカ文学会、比較文学会会員。訳書にE.G.バイニング夫人著『皇太子の窓』のほか、『エマソン選集3生活について』『エマソン選集7たましいの記録』などがある。平成3年没。
本書の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
1 2 3 4 5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.