日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
トップページ >小泉一郎
小泉一郎
  • 表示順
著者プロフィール
小泉一郎 明治45年生まれ。昭和14年東京帝大文学部卒、東京帝大大学院文学研究科英文学専攻修士課程修了、ペンシルバニア大学留学。水戸高校(旧制)、東京女子大学教授を経て、学習院大学文学部教授。アメリカ文学会、比較文学会会員。訳書にE.G.バイニング夫人著『皇太子の窓』のほか、『エマソン選集3生活について』『エマソン選集7たましいの記録』などがある。平成3年没。
生活について〈デジタル・オンデマンド版〉

生活について〈デジタル・オンデマンド版〉

シリーズ エマソン選集 (3)

神秘主義の山巓から山麓の世俗世界へ下ったエマソンが、現実の諸問題に対処して、英知にあふれた生活指針を示す。これらの諸篇は彼の円熟した思想を伝え、彼の思想の本質を理解させるだろう。(このシリーズのオンデマンド版では元本よりひと回り大きいため、文字も少し大きくなっています。)

ISBN:9784531026333 造本形式:A5判(元本よりひと回り大きいため、文字も少し大きい)/並製カバーなし  ページ数:316(シリーズ初版発行時の月報を巻末に含む)  定価:本体3,500円(税・送料別)

詳しくはこちら

たましいの記録〈デジタル・オンデマンド版〉

たましいの記録〈デジタル・オンデマンド版〉

シリーズ エマソン選集 (7)

兄弟のなかでも最も凡庸な才能の持ち主とみられたエマソンが、劣等感や病弱など、数々の不幸を克服して、絶対的な自己信頼を強調する立場に到達するまでの、彼の歩みの刻々を、本書のなかにたどることが出来る。(このシリーズのオンデマンド版では元本よりひと回り大きいため、文字も少し大きくなっています。)

ISBN:9784531026371 造本形式:A5判(元本よりひと回り大きいため、文字も少し大きい)/並製カバーなし  ページ数:364(シリーズ初版発行時の月報を巻末に含む)  定価:本体3,800円(税・送料別)

詳しくはこちら

前のページ1 次のページ
ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.