日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
人間心理と教育〈デジタル・オンデマンド版〉

月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
人間心理と教育〈デジタル・オンデマンド版〉
シリーズユング著作集 (5)
定価本体2,900円(税・送料別) 造本形式A5判(元本よりひと回り大きいため、文字も少し大きい)/並製カバーなし
ページ数268(シリーズ初版発行時の月報を巻末に含む)発売日2015/06/01
ISBN9784531026555日本教文社刊
数量:
数量は在庫がある場合は、100まで変更することができます。
特定商取引法に基づく表示
facebookでシェア Twitterでつぶやく
商品の説明

最新の分析的心理学の教育への応用、子どもの精神葛藤、秀才とは何か、童話のあり方など、ユングの清潔な良心と知恵を結集。_心理学と教育/分析心理学と教育/お伽噺に置ける精神/付録・結語…ほか。(このシリーズのオンデマンド版では元本よりひと回り大きいため、文字も少し大きくなっています。)

商品の目次

心理学と教育
1分析的心理学と教育―三つの講義
2子供の心の葛藤について
3秀才

お伽噺の精神の現象学
 序言
 1「精神」という言葉について
 2夢における精神の自己示現
 3お伽噺における精神
 4お伽噺で精神の象徴が獣の姿をとること
 5附録
 6結語

  あとがき

著者プロフィール
カール・グスターフ・ユング (1875年7月26日 -1961年6月6日)精神分析学の草分け的存在で、彼が研究した心のメカニズムによって、さまざまな面で心(顕在意識も潜在意識もふくめて)とからだに密接な相関関係があることが解明され、その業績は医学界をはじめ、社会学や宗教への影響も絶大であった。ユングの『人間のタイプ』『人間心理と宗教』はその代表作。
西丸四方 明治43年生まれ。麻布中(旧制)卒、浦和高卒、昭和11年東京帝国大学医学部卒、同年東京帝国大学精神科副手となるが、肺結核のため、療養。16年療養所を退所して都立松沢病院医員、20年東京帝大講師、23年国立東京第一病院医長を経て、24〜44年信州大学医学部教授、47〜53年愛知医科大学教授。著書に『精神医学入門』『異常性欲の心理』『病める心の記録』『狂気の価値』、訳書にヤスパース『精神病理学原論』、ノイマン『単一精神病観』のほか、『ユング著作集5人間心理と教育』などがある。
本書の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
 1    2    3    4    5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.