日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
トップページ > 月刊誌 > いのちの環 No.76(7月号) 自然と人との調和を目指す
いのちの環 No.76(7月号)

編集:宗教法人「生長の家」
発行:株式会社 日本教文社
月刊誌は一般財団法人 世界聖典普及協会より配送されます。
特定商取引法に基づく表示
月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
いのちの環 No.76(7月号)
自然と人との調和を目指す
定価364円(船便送料込)
サイズ/ページ数 A5(148× 210ミリ)/68
一冊:364円(船便送料込)
数量:
数量は在庫がある場合は、100まで変更することができます。
国内送本は1冊:352円<税・送料込>(No.49までは360円<税・送料込>)
年間購読:3,850円<税・送料込>となります。
月刊誌3誌(いのちの環・白鳩・日時計24)を合わせて5部以上年間購読すると、3,360円(税・送料込)になります(但し、開始月が同じで、同名義で同じ住所へ送付する場合に限る)。
・GDPR(EU一般データ保護規制)に参加している国からご注文もしくは同国への発送は承れません。ご了承のほどお願い申し上げます。
※GDPRに参加している国(2020/04/01現在):オーストリア、ベルギー、ブルガリア、キプロス、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、クロアチア、英国、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー

国内送本はこちら
立ち読み facebookでシェア Twitterでつぶやく バックナンバー
内容

環境・資源・平和の問題を解決し、芸術表現の喜びを広げる生長の家の総合誌!

□環境保全や資源問題の解決に取り組む人の記事を掲載します。
□すべてのいのちを大切にする生き方を伝えます。
□芸術表現を行っている人やその投稿作品を掲載します。

特集

特集1 先祖から受け継いだものは?
私たちは、先祖、祖父母、父母を通じて、この世に生まれてきました。風貌、性格、生き方など、少なからず先祖の影響を受けているものです。中でも、幸福生活の道しるべとなる信仰を受け継ぐほど幸せなことはないでしょう。

ルポ1 いのちの繋がり先祖への感謝の思い
悲しみを乗り越えることができたのは、やはり「いのちは永遠生き通し」という教えによってだった。肉体はなくなっても、人間の生命は生き続け、神様からいただいたいのちは、先祖、親、子、孫へと連綿と続いていく──。
「『いのちは生き通し』と分かって何か心がゆったりしてきたんです。そしてすべての出来事は何かを学ぶためにあるんだから、一つ一つ乗り越えて、徐々に成長していけばいいんだと思えるようになって気持ちが楽になり、前向きな心境になれたんです。これも、母のおかげだと感謝しています」と語る。

ルポ2 先祖、祖父母、父母、そして私 その一人一人が大切ないのち
夫婦2人でスタートした生活は、子どもも2人を授かり、2年前から同居している義母を含めて5人家族となった。奥さんの実家も、共働きのご夫妻のために、80キロ離れたところからたびたび訪れては、孫たちの面倒を見てくれているという。そんな中でご夫妻は「“いのちの繋がり”という意味でも、“信仰を受け継ぐ”という意味でも、父や母がいなかったら、今の幸せな私はなかったことを思うと、両親、祖父母、ご先祖さま、そして2人の子どもたちにも感謝の思いが湧いてきます」語ってくれる。

特集2 生命は永遠生き通し
・私のターニングポイント「父の死を乗り越えることで、会社を受け継ぐことができました」

・愛する者を失える人々に 谷口清超(前生長の家総裁)

次号の特集目次とその簡単な説明をご希望の方はこちら(毎月10日前後に送付いたします)

そのほかの目次

肉体の我から真我へと飛躍する祈り
谷口雅宣(生長の家総裁)

聖典をひらく “神の子”の偉大さを自覚する祈り
谷口雅春(生長の家創始者)

●いのちの回廊?谷口雅春(生長の家創始者)
●美のステージ
花の声に促されて描く優しい色合いの色鉛筆画
●信仰随想
結核の病室で触れた「病なし」の教え
●コラム 悠々味読
健康への影響──ストレスも加齢も捉え方次第
●連載 マイギャラリー 絵と人生
浮かんだイメージと技法が調和した『椿』

●自然の声を聴く
自然を伸ばす活動を通し、自然の癒しの力を感じる
●リレーエッセイ脱原発
脱原発を実現し、自然エネルギーの導入を
●新連載 オーガニック野菜を作る
千年以上の歴史を持つ有機農法、有機栽培
●連載 ノーミートライフ 地球のためにできること
地球環境悪化に直結する牛、豚などの糞尿被害
●森からのエコルポ
南信州の森林資源を生かし間伐材利用の可能性を探る

●Q&A誌上カウンセリング
「皆いい人のはずなのに、なぜ殺人が?」
●私のこの一冊
『宗教はなぜ都会を離れるか? 世界平和実現のために』

●マイタウン、マイファミリー
明るい聖歌に心打たれたのが、夫婦調和への契機に(奈良県宇陀市)
●広げよう、いのちの環
祈りを通してオペラ歌手になる夢を目指す・2(ドイツ)

●絵手紙ぽすと
●俳壇 俳句への招待?櫂未知子(俳人)
●読者のページ
●生長の家インフォメーション

本誌の感想
実相顕現
2019/04/10
by
市川(神の子)
私は笑顔で復興されてる事がとても安心致しました。災害にあった方々の支援をよろしくお願いいたします。
私にできる事を御支援下さいました事感謝いたしております。
神の子らをお導き下さい。また、ご本を贈り下さい。世界の子供達を御守り下さい。再拝・市川
瞑想の良さがよくわかった。
2010/10/18
by
楽多郎(会社員)
いのちの環を実感するためには、生きとし生けるものとの一体感が必要に思いますが、その一体感は瞑想で得るところも多いと思います。そのことがインタビューやルポ、そして解説でよくわかりました。大変参考になりました。ありがとうございました。
本誌の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
1 2 3 4 5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.