日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
トップページ >石井礼子
石井礼子
  • 表示順
著者プロフィール
石井礼子 青山学院大学文学部英米文学科卒。訳書にR・アンソニー『自信エネルギー開発法』、M・ニームス『お金に好かれる人 嫌われる人』P・ローベンハイム『私の牛がハンバーガーになるまで』(以上、日本教文社)、R・G・ジャン、B・J・ダン『実在の境界領域』(技術出版)他がある。神奈川県在住。
自信エネルギー開発法

自信エネルギー開発法

人生に勝利する力は、完全な「自己信頼」の獲得から−アメリカ一流企業を対象に活躍中の行動心理学者による、日常生活の中で応用が可能な、画期的な書。新自己開発マニュアル。

ISBN:9784531080625 造本形式:46判  ページ数:234  定価:本体1,359円(税・送料別)

詳しくはこちら

お金に好かれる人 嫌われる人

お金に好かれる人 嫌われる人

あなたのお金は、いったいどこへ消えていったのか?
どんなに頑張って働いても、なぜかお金が消えていくあなたの生活。5000人以上の人々の経済的危機を救ってきたベテラン臨床心理学者による、人生立て直しのための「お金と心のエクササイズ」12章!
本書を読み終えたころには、あなたの経済状態も人生もドラマチックに好転し始めます。

ISBN:9784531081301 造本形式:46判  ページ数:320  定価:本体1,524円(税・送料別)

詳しくはこちら

私の牛がハンバーガーになるまで

私の牛がハンバーガーになるまで牛肉と食文化をめぐる、ある真実の物語

人はなぜ、「牛」を食べるのか――アメリカの片田舎で起こった、牛と人との感動のストーリー

◎肉食文化の国アメリカでは年間50億個以上のハンバーガーが消費され、1時間に5000頭以上の牛が肉にされていく。
「牛はどうやってハンバーガーになるのか」 その現実のすがたを本に書こうと、一人のジャーナリストが自ら子牛を買い、誕生から解体までの現場を追いはじめる。しかしいつの間にか、彼はその子牛たちに愛情を抱いてしまった……。牛たちが「肉」になる以外の道はあるのか? そして彼の最後の決断とは?
読者に「生き物を食べること」とは何かを問いかける、一人の男と2頭の牛たちの2年にわたる物語。

ISBN:9784531081394 造本形式:46判  ページ数:416  定価:本体2,000円(税・送料別)

詳しくはこちら

人はなぜ謝れないのか

人はなぜ謝れないのか自分も相手も幸せになれる「謝罪」の心理学

お互いの人生を修復するために――

あの人に、心から「謝りたい」&「謝ってほしい」!「謝ること」をめぐるトラブルを解消し、人間関係での傷を癒すための、今まで誰も書かなかった、「正しい謝罪の仕方・求め方」がわかる本。 「謝る勇気」と「謝ってもらう勇気」が、あなたの人生のわだかまりを解決します。
「謝ること」「謝ってもらうこと」が上手になる、多数のエクササイズを紹介。

ISBN:9784531081554 造本形式:46判  ページ数:350  定価:本体1,762円(税・送料別)

詳しくはこちら

前のページ1 次のページ
ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.