日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
私の牛がハンバーガーになるまで

月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
私の牛がハンバーガーになるまで
牛肉と食文化をめぐる、ある真実の物語
定価本体2,000円(税・送料別) 造本形式46判
ページ数416発売日2004/05/01
ISBN9784531081394日本教文社刊
数量:
数量は在庫がある場合は、100まで変更することができます。
特定商取引法に基づく表示
facebookでシェア Twitterでつぶやく
商品の説明

人はなぜ、「牛」を食べるのか――アメリカの片田舎で起こった、牛と人との感動のストーリー

◎肉食文化の国アメリカでは年間50億個以上のハンバーガーが消費され、1時間に5000頭以上の牛が肉にされていく。
「牛はどうやってハンバーガーになるのか」 その現実のすがたを本に書こうと、一人のジャーナリストが自ら子牛を買い、誕生から解体までの現場を追いはじめる。しかしいつの間にか、彼はその子牛たちに愛情を抱いてしまった……。牛たちが「肉」になる以外の道はあるのか? そして彼の最後の決断とは?
読者に「生き物を食べること」とは何かを問いかける、一人の男と2頭の牛たちの2年にわたる物語。

商品の目次

●はじめに
牛たちをめぐる子ども時代の疑問/マクドナルドが配る牛のおもちゃ/アメリカでは一時間に五〇〇〇頭の牛が肉になっていく/誕生からと畜解体まで、牛の一生を見とどけたい 
●第1章 子牛誕生
ニューヨーク州ヨークの酪農場「ローネル・ファーム」/双子の子牛が生まれる/雄子牛の運命
●第2章 ボナンザの精子――蘇る記憶d 章 ボナンザの精子――蘇る記憶
人工授精会社ジェネックス社/種牛ボナンザとの初対面/人工授精の驚くべき普及/精液採取場の風景/人工授精師ケン・シェイファーの仕事/妊娠しない牛の運命
●第3章 肥育と去勢
肥育農家ピーター・ヴォングリスと妻のシェリー/ローネル・ファームから三頭の子牛を買う/双子の牛「ナンバー8」と「ナンバー7」/牛とは距離を置かなければ
●第4章 フレンドシップ
ミルキング・パーラー(搾乳室)の朝/酪農牛のさまざまな病気/「BST(牛成長ホルモン剤)をこわがっててもしょうがない」
●第5章 放牧
ダウナー(起立不全の牛)/ナンバー8とナンバー7はなぜ放牧させてもらえないのか/「一般の人間にとって、農業は暮らしの一部じゃないんだよ」/食物をつくるという行為、食べるという行為/「あんたは牛をどうするつもりなんだい?」/はじめて私がナンバー8をかわいがった瞬間
●第6章 牛舎の前庭で
市場に出すのか、自分でと畜場に連れていくのか/子牛たちは病気で死ぬかもしれない/干し草をやってはいけない/「問題は、彼が牛に愛着をもちはじめてるってことなんだ」
●第7章 淘汰
すべての酪農牛は乳が出なくなると食肉処理場へ行く/競売の光景/「あんたの書く牛の本なぞ、読む必要ないね!」/ここを起点に牛たちは「楽しいイメージの食べ物」へ姿を変える
●第8章 と畜
母牛4923が淘汰される日/生産力が尽きたら即、死へと向かうという終わり方/食肉処理業者テイラー社への見学依頼/「あなたを中にお通しすることはできません」/二頭の解体処理をめぐるジレンマ
●第9章 選択肢
二頭はあと三、四ヵ月で食肉処理場に/元ロナルド・マクドナルドのヒンドゥー教導師ジャガンナータ/「牛は私に渡すんだ!」/牛の受け入れ先を求めて/
「人間の可能性より、牛の可能性を探っているというわけか」/ナンバー8の脱走/「解体しないと俺を裏切るって言いたいのかい?」/廃用牛をライフルで殺処分/私とナンバー8の心の波動が一つになる時
●第10章 決断
カレドニアの食肉処理場「T・D・カーン・カントリー・ミート」社/『ドナドナ』/ナンバー13の解体の光景/すべてを自分の目で追う/ナンバー13が完全なる肉として目に映る時/ナンバー7と8の出発の日/「ファーム・サンクチュアリ」……他

著者プロフィール
ローベンハイム,P.(ピーター) 『ニューヨーク・タイムズ』『ニューヨーク・マガジン』等で活躍するジャーナリスト。ボストン大学ジャーナリズム学科およびコーネル・ロー・スクール卒業。『民間調停者になるには』など法律関係の著作がある。ニューヨーク州ロチェスター市在住。
石井礼子 青山学院大学文学部英米文学科卒。訳書にR・アンソニー『自信エネルギー開発法』、M・ニームス『お金に好かれる人 嫌われる人』P・ローベンハイム『私の牛がハンバーガーになるまで』(以上、日本教文社)、R・G・ジャン、B・J・ダン『実在の境界領域』(技術出版)他がある。神奈川県在住。
本書の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
1 2 3 4 5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.