日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
心が生かし 心が殺す

月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
心が生かし 心が殺す
ストレスの心身医学
定価本体2,095円(税・送料別) 造本形式46判
ページ数440発売日1998/09/01
ISBN9784531081165日本教文社刊
数量:
数量は在庫がある場合は、100まで変更することができます。
特定商取引法に基づく表示
facebookでシェア Twitterでつぶやく
商品の説明

あなたの病気はすべて、過去2年間に受けたストレスの結果なのだ――
アンドルー・ワイル(『人はなぜ治るのか』『癒す心、治る力』)、ビル・モイヤーズ(『こころと治癒力』)らと並ぶアメリカ心身医学界の第一人者による、ストレス病研究の全米ベストセラー。私たちの心が、死に至る慢性病を発病させるプロセスを、脳・内分泌系・免疫系、また社会心理面から多面的に解き明かす! ストレス要因の急増する今こそ、自分の心に「殺されない」ようにするための、予防医学の書。

商品の目次

はしがき(スティーヴン・ロック医学博士)
    新版への序論 心とからだのあいだ――発見の10年間
第1部 イントロダクション
    ストレスによる病気の予防のために
第2部 ストレスとは、本当は何なのか
    ストレスの精神生理学的なメカニズム/
    ストレスを引き起こす、さまざまな要因
第3部 ストレスが引き起こす病気
    パーソナリティーと病気/文明の病
第4部 ストレス・コントロールの三つの手段
    瞑想法/自立訓練法とイメージ法/
    バイオフィードバック
第5部 結論――ホリスティックな医学のために

著者プロフィール
ペルティエ,K.R.(ケネス・R) スタンフォード大学医学部、スタンフォード疾病予防センターの首席臨床研究員。医学博士。健康増進のための研究・計画や臨床現場の最前線で活躍、心身医学・ストレス病研究のパイオニア的存在。著書は『意識の科学』(邦訳・工作舎刊)など7冊。また意識の研究、行動医学、精神神経免疫学に関する論文を200以上発表。革新的な健康増進医療計画の推進と評価、IBMやゼネラル・モータースなど大企業の健康問題コンサルティングにも従事。
上野圭一 1941年生まれ。早稲田大学英文科卒。東京医療専門学校卒。翻訳家・鍼灸師。総合健康研究所主宰。日本ホリスティック医学協会理事。著書に『ナチュラル・ハイ』(海竜社)、訳書に『永遠の別れ』『人はなぜ治るのか〔増補改訂版〕』『心が生かし 心が殺す』『バイブレーショナル・メディスン』『がん──ある<完全治癒>の記録』『がん療法百科 上下』『太陽と月の結婚』『ドクター・オイルの現代アメリカ健康学』(以上、日本教文社)、『ワイル博士のナチュラル・メディスン』『クォンタム・ヒーリング』『癒しのメッセージ』『ヘッド・ファースト』(春秋社)など多数。
本書の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
1 2 3 4 5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.