日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
劇的なる精神 福田恆存

月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
劇的なる精神 福田恆存
井尻千男 (著)
シリーズ教文選書
定価本体1,650円(税・送料別) 造本形式46判/上製
ページ数268発売日1994/01/01
ISBN9784531015177日本教文社刊
数量:
数量は在庫がある場合は、100まで変更することができます。
特定商取引法に基づく表示
facebookでシェア Twitterでつぶやく
商品の説明

薄められたニヒリズムの戦後日本に、古典主義的精神で臨んだ戦後の代表的保守派知識人・福田恆存の「精神の核」を浮き彫りにし、現下日本の根源的問題を考察する本格評論。中村星湖賞受賞。

商品の目次

プロローグ 古典主義的精神の形―乱世に福田恒存を読む
1 言葉の劇―ニヒリズムを超えて
2 二元論のダイナミズム―思索の構造
3 現状肯定論との格闘―頽廃への憎悪
4 不可欠の物語―歴史を貫流するもの
5 価値絶滅時代の平和主義―生命を超えるもの
6 論争のすすめ―言葉の政治学
7 演戯と自由―仮面と素面
8 懐疑と確信―相対主義の泥沼
9 超越を遠望する精神―近代批評の「詩と真実」
10 創造行為としての翻訳―平和的掠奪行為
11 国語改革を排す―敗戦国の過剰反省
12  人間の「否定因」―陰画としての理想
補遺(処女評論・横光利一論/ゴルバチョフ擁護と保守の神髄)

著者プロフィール
井尻千男 昭和13年山梨県生まれ。昭和37年立教大学卒業後、日本経済新聞社入社。読書面のコラム「活字のうちそと」などで鋭い切り口によって幅広い読者を持つ。主な著書に『文章表現の研究』(日本エディタースクール)『消費文化の幻想』(PHP研究所)等がある。
本書の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
1 2 3 4 5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.