日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
いのちを描く

月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
いのちを描く
わが「光の芸術」への道
遊馬正 (著)
定価本体1,714円(税・送料別) 造本形式46判
ページ数184発売日2010/04/01
ISBN9784531064106日本教文社刊
数量:
数量は在庫がある場合は、100まで変更することができます。
特定商取引法に基づく表示
立ち読みfacebookでシェア Twitterでつぶやく
商品の説明

最初は下手でもいいから、人生のキャンバスを、自分のいのちで描いていこう

ついに私は自立した画家になれた。
絵描きとしての特別な才能があったわけでもなく、才能といえば
「一所懸命になれる」ということしかなかった――

ただ絵を描くことが好きで、「プロの画家になる」夢だけを頼りに、安定した教職を捨てて40歳間近で単身渡米した著者が、苦闘の末に生長の家の「日時計主義」の生き方に導かれ、やがてアメリカで、そして日本で夢をかなえるまでの軌跡を描く。
87歳にしてなお前進する異色洋画家の感動的な自叙伝!

絵画ファンや芸術愛好家のみならず、自らの天職を見出し、人生の幅を広げ、深めたいと願っているすべての人々にも役立つ本。

本書は3部構成からなり、第1部では自らの半生を、第2部では自らのユニークな絵画論・色彩論を、そして第3部では信仰と画業と人生の深いかかわりを語る。

20頁の美しいカラー口絵による紙上ギャラリーで作品の数々を紹介。 いのちの輝きを描く、著者の「光の芸術」の魅力があますところなく味わえる。

商品の目次

遊馬氏との思い出  リリアン・デラボリヤス・アミス

  1 光とあそぶ
   遅い出発
   パリへ行きたい
   計り知れない言葉の力
   パリからニューヨークへ
   悩みの果ての決断
   絵かきになるための試練
   気になっていた本
   明るさの功徳
   忘れられない個展
   手作りのアトリエ
   ライフワークを見つける
   故郷に錦を飾る
   私は日本人だった
   画家として当主として

  2 わが絵を語る
   今のスタイルが生まれるまで
   絵を描く目的とは何だろう
   絵を通して神の愛を表現したい
   自分でも色彩画家だと思います
   私の絵はこうして生まれます
   いのちある限り描き続けたい

  3 信仰を生きる
   母の愛あらばこそ
   恩師の言葉の力で
   日時計主義の暮らしを
   祈りの中で描く喜び
   愛に目覚めるチャンス
   太陽光エネルギーの恩恵
   80歳過ぎて個展ラッシュ
   この世の中は天国浄土

  あとがき
  年譜

著者プロフィール
遊馬正 ・ 1923年 埼玉県岩槻市に生まれる
・ 1945年 東京芸術大学研究生として寺内萬次郎氏に師事
・ 1959年 渡米し、ニューヨークに在住。同地で生長の家にふれる
・ 1965年 ニューヨークで初の個展、以後アメリカを中心に世界各国で個展を開催
・ 1976年 東京・松屋銀座にて個展、以後日本国内の百貨店等で個展を開催
・ 1982年 ニューヨーク メイオパック・アニュアル美術展にて最優秀賞(金賞)受賞
・ 1998年 日本帰国
・ 2000年 埼玉県県立近代美術館にて帰国展
・ 2001年 東京国際フォーラムロビーギャラリーにて画業50年油絵展
・ 2009年 日本橋三越本店にて個展
本書の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
1 2 3 4 5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.