日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
旅と絵でたどる 万葉の道

月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
旅と絵でたどる 万葉の道
日本人の原風景を求めて
永井郁 (著・画)
定価2,305円(税込・送料別) 造本形式46判
ページ数288発売日1997/01/01
ISBN9784531062959日本教文社刊
数量:
数量は在庫がある場合は、100まで変更することができます。
特定商取引法に基づく表示
立ち読みfacebookでシェア Twitterでつぶやく
商品の説明

額田王、大津皇子、大伴家持…万葉人が詠う愛と喜び、そして悲しみのあとを、北は宮城県多賀城から南は福岡県太宰府まで訪ね歩き、日本人の心の原風景を絵と文で描く感動の万葉随想。
好評姉妹書
『旅と絵でたどる 万葉 心の旅』

商品の目次

明日香風/山の辺逍遥/藤白悲愁/蒲生野幻想/近江残照/吉野紀行/続吉野紀行/二上挽歌/続二上挽歌/飛鳥徊想/吉隠悲愴/高円萩景/阿騎野炎/蘇州旅情/五條懐古/飛鳥拾遺/松浦夢幻/女帝撩乱/続女帝撩乱/新薬師寺/平群菊径/歌姫秋霖/暗越奈良街道/斎王孤愁/シナイ黎明/手児奈哀憐/鎌倉春日/湖西旅愁/わかれみち/和束杣山/百済歴訪/続百済歴訪/筑紫遙々/続筑紫遙々/鞆慕情/室の津有情/越前哀歌/荒都無残/続荒都無残/鹿島立ち/神の御坂峠/海行かば/越中蒼空/若狭恋歌/多摩河畔随想/伊豆の海/天平落日/因幡国庁/多賀城追憶/甘橿丘

著者プロフィール
永井郁 1930年、長野県飯田市生まれ。49年、多摩美術大学洋画科入学。絵画とともにグラフィックデザインも手掛け、54年東京日日新聞(現毎日新聞)全国観光ポスター展一位、62年毎日新聞企業広告賞、68年全国パッケージ展で受賞など、グラフィックデザイン界の草分け的存在として活躍。日本航空の鶴のマーク、昭和天皇ご訪欧時の機内食メニューなどを手掛けつつ、世界各地を取材。画家としても各種の個展を東京・長野などで開催。著書に『万葉の道』(日本教文社刊)があり、現在、月刊誌『白鳩』誌(日本教文社刊)にて「古今吟遊」を連載中。
本書の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
1 2 3 4 5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.