日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
自転車から平和を

月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
自転車から平和を
シリーズ“新しい文明”を築くために (1)
定価本体909円(税・送料別) 造本形式新書判/並製
ページ数168発売日2019/12/16
ISBN9784531025015日本教文社刊
数量:
数量は在庫がある場合は、100まで変更することができます。
特定商取引法に基づく表示
facebookでシェア Twitterでつぶやく
商品の説明

自転車の持つ大きな可能性に気づく1冊!
生長の家のプロジェクト型組織(PBS)の一つである「SNI自転車部」の活動を紹介す
るとともに、自転車に乗ることで自然への愛が深まり、心身の健康が増進し、世界平和の
実現にも貢献できることを分かりやすく説く。

(本文「はじめに」より)
およそ200年前、ドイツで発明された自転車。
二つの車輪にサドル、ハンドル、さらにはペダルを漕いで進む、
こういった基本構造にあまり変化はありません。
シンプルなのに徒歩の何倍も遠くへ移動することができます。
発明されてから今日まで人々に重宝される所以です。

単に移動手段としてだけではなく、自転車は世界中で愛されています。
ダイエット、あるいはスポーツの相棒として、
多くの人に喜びを与え、親しまれています。

本書の編集は「SNI自転車部」があたりました。
このクラブは、宗教法人「生長の家」の一運動組織です。
なぜ神、仏、信仰に関わる宗教が自転車に乗ることを勧めるのでしょうか。
実際にはどういった活動をしているのでしょうか。
また、本書のタイトルに入った二つの言葉「自転車」と「平和」。
一体どういう関係があるのでしょうか?

本書では自転車の魅力について掘り下げながら、
このような疑問にわかりやすく回答することに挑戦し、
新しい自転車の使い方も提案しています。

自転車という「道具」の大きな可能性と、人間が持つさらに大きな可能性。
本書がそれに気づくきっかけとなっていただけるなら幸いです。

商品の目次

はじめに
 SNI自転車部メンバーのバイシクルライフ1
第1章 私たちSNI自転車部
 “めんどくさい”が世界を救う
 SNI自転車部の人たち
 全国各地で開かれるイベント
 社会貢献活動、環境問題への取り組み
 コラム 田舎生活と自転車のススメ
 SNI自転車部メンバーのバイシクルライフ2
第2章 自転車の新しい使い方
 1 自転車を健康維持のための道具として使う
  身体の健康
  心の健康
 2 自転車を自然に近づくための道具として使う
 コラム ある冬の朝
 コラム 私の考える「より良く生きる秘訣」
 SNI自転車部メンバーのバイシクルライフ3
第3章 自転車は地球を救う
 コラム 「福島・西郷ソーラー発電所」をめざしたヒルクライム
おわりに

著者プロフィール
宗教法人「生長の家」(SNI自転車部) 「省資源、低炭素の生活法」を実践する、生長の家のプロジェクト型組織(PBS)の一つ。通
勤や通学、買い物など生活の中で自転車を活用し、自転車に乗ると自然との一体感が感じられ
たり、健康な肉体と精神を保つことができるだけでなく、CO2削減によって地球温暖化の進行
を止め、世界平和の実現に貢献しようと活動している。
SNI自転車部のホームページ http://sni.bike
関連商品
本書の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
1 2 3 4 5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.