日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
日本語よどこへ行く

月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
日本語よどこへ行く
土屋道雄 (著)
シリーズ日本語ライブラリー
定価本体1,650円(税・送料別) 造本形式46判
ページ数248発売日1992/01/01
ISBN9784531019533日本教文社刊
数量:
数量は在庫がある場合は、100まで変更することができます。
特定商取引法に基づく表示
facebookでシェア Twitterでつぶやく
商品の説明

戦後の国語改革がもたらした弊害とは!? 新人類作家の奇妙な文章、間違いだらけの国語辞典などに焦点をあて、日本語はなぜ乱れたのか、本来どう有るべきなのかを考える激辛日本語論。

商品の目次

第1章 日本語考現学
第2章 新人類作家の日本語
第3章 国語改革
第4章 日本語軽視
第5章 国語辞典を読む
第6章 日本語と国際化
第7章 差別用語
第8章 「拝復『朝日新聞社』殿」
第9章 森鴎外の国語観

著者プロフィール
土屋道雄 昭和10年長野県生まれ。同35年から16年間、国語問題協議会の主事として「國語國字」の編集に当たる。同39年、評論で自由新人賞を受賞。主な著書に『漢字の常識が身につく本』(三笠書房)『ことわざ活用辞典』(池田書店)等がある。
本書の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
1 2 3 4 5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.