日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
トップページ >土屋道雄
土屋道雄
  • 表示順
著者プロフィール
土屋道雄 昭和10年長野県生まれ。同35年から16年間、国語問題協議会の主事として「國語國字」の編集に当たる。同39年、評論で自由新人賞を受賞。主な著書に『漢字の常識が身につく本』(三笠書房)『ことわざ活用辞典』(池田書店)等がある。
日本語よどこへ行く

日本語よどこへ行く

土屋道雄 (著)

戦後の国語改革がもたらした弊害とは!? 新人類作家の奇妙な文章、間違いだらけの国語辞典などに焦点をあて、日本語はなぜ乱れたのか、本来どう有るべきなのかを考える激辛日本語論。

ISBN:9784531019533 造本形式:46判  ページ数:248  定価:本体1,650円(税・送料別)

詳しくはこちら

前のページ1 次のページ
ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.