日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
トップページ >山尾三省
山尾三省
  • 表示順
著者プロフィール
山尾三省 1938年、東京・神田に生まれる。早稲田大学文学部西洋哲学科中退。1973年、1年間インド・ネパールの聖地を巡礼。1977年、鹿児島県屋久島に移 住する。著書に『野の道――宮沢賢治随想』(草野社)、『聖老人――百姓・詩人・信仰者として』(めるくまーる社)、『ジョーがくれた石』(地湧社)、 『縄文杉の木陰にて』(新宿書房)、『屋久島のウパニシャッド』(筑摩書房)、『森の家から』(草光舎)ほか多数があり、訳書に『ラマナ・マハリシの教 え』(めるくまーる社)、『コヨーテ老人とともに』(福音館書店)などがある。
深いことばの山河

深いことばの山河宮沢賢治からインド哲学まで

山尾三省 (著)

日本の高僧からインドの聖人、宮沢賢治まで、先人の残した言葉の中に、生命の本質を観、真理を聴く。詩人の感性と深い思索に満ちた言葉は、人間の根源にある宗教心を呼び覚ます。

ISBN:9784531062843 造本形式:46判  ページ数:240  定価:本体1,845円(税・送料別)

詳しくはこちら

前のページ1 次のページ
ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.