日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
いまここにいるわたしへ

月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
いまここにいるわたしへ
新しい自分に気づく心のノート
定価本体1,238円(税・送料別) 造本形式46判
ページ数220発売日2006/03/01
ISBN9784531081523日本教文社刊
数量:
数量は在庫がある場合は、100まで変更することができます。
特定商取引法に基づく表示
facebookでシェア Twitterでつぶやく
商品の説明

わたしとつながる、世界と出会う――
アメリカ最高のスピリチュアル作家が綴った、人生をあるがままに、深く生きるための自己成長の書。

わたしたちの人生は、変化と矛盾と混乱にみちている。しかし予測できないこと、見たくないものから逃げようとすれば、日々の生活はいつのまにか生気を失い、色あせていく――そんな時わたしたちは、「自分の中心」から離れずに、気づきをもって生きなければならない。日々の迷いや葛藤の中でも、自分を見失わない力と、深い心の安らぎを与えてくれる、読者の魂に静かにしみこむ自己発見のノート。

商品の目次

*人生の矛盾は「そのままにして」生きていけばいい。
*自分の経験を無視して、「言葉」にすがりついてはいけない。
*成長とは、自分の知らないさまざまな面に気づいていく過程である。
*みんな、自分のなかの一面だけに閉じこもって生きている。
*何を話そうと、私たちは実は自分自身について話しているのだ。
*安全という幻想と引き換えに、自分を見つけ出す機会を失ってはならない。
*私たちは変われないが、「広がる」ことはできる。
*野心とは、過去の自分の延長にすぎない。
*未来を中心に生きる人はこの人生を失っている。
*自分に正直であるなら、自分を愚かに感じることはない。
*人は「自分の」やり方をすれば、創造的にならざるをえない。
*心が気づいていなくても、からだが気づいていることがある。
*「一番いい方法」なんてない。あるのは、ただ別のやり方だけだ。……他

著者プロフィール
プレイサー,H.(ヒュー) 作家、カウンセラー、メソジスト教会牧師。アリゾナ州ツーソン在住。1970年、『わたしの知らないわたしへ』(邦訳、日本教文社)の執筆によってベストセラー・エッセイストとなり、『誠実であるということ』『心のシンプルライフ』(邦訳、ヴォイス)ほか十数冊の著作がある。妻のゲイルとともに、家庭におけるアルコール依存や虐待、また危機をむかえたカップルのためのカウンセリングに長年従事。「Wisdom Radio」等に自身のラジオ番組を持つ。夫妻の著した本は世界各国で通算600万部以上が読まれている。
中川吉晴 カナダ、トロント大学大学院オンタリオ教育研究所博士課程修了 Ph.D.(哲学博士)。立命館大学文学部・大学院応用人間科学研究科教授。日本トランスパーソナル心理学・精神医学会副会長。日本ホリスティック教育協会事務局長。専門は臨床教育学、ホリスティック教育、スピリチュアリティ研究。著書=『ホリスティック臨床教育学――教育・心理療法・スピリチュアリティ』(せせらぎ出版)ほか、共著=『ホリスティック教育ガイドブック』『ホリスティック教育入門』『日本のシュタイナー教育』『ピースフルな子どもたち』(以上、せせらぎ出版)ほか、訳書=プレイサー『わたしの知らないわたしへ』 、アームストロング『光を放つ子どもたち』(ともに日本教文社)、クリシュナムルティ『瞑想』(UNIO)ほか多数。
五味幸子 立命館大学大学院応用人間科学研究科修士課程修了。京都光華女子大学人間関係学部社会福祉学科実習助手。1994年から1998年までカナダ在住、ブリティッシュ・コロンビア大学でカウンセリングを学び、インターナショナル・スクール・カウンセラーの経験をもつ。専門はソーシャルワーク論。共訳書=リー『地域が変わる 社会が変わる 実践コミュニティワーク』、リー他『実践コミュニティワーク エクササイズ集』(ともに学文社)。
本書の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
1 2 3 4 5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.