日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
ボディマインド・シンフォニー

月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
ボディマインド・シンフォニー
心身の再統合へ向かう先端医学
定価本体2,095円(税・送料別) 造本形式46判
ページ数320発売日2006/01/01
ISBN9784531081509日本教文社刊
数量:
数量は在庫がある場合は、100まで変更することができます。
特定商取引法に基づく表示
facebookでシェア Twitterでつぶやく
商品の説明

心身相関医学の歴史と現在

古来、人々は心とからだの結びつきを当然のものと考えてきたが、実証を旨とする近代医学は、その専門化が進むとともに、目に見えない心については無視を決め込むようになった。20世紀後半、東洋文化やサブカルチャーの広がりとともに、心身相関的な考え方は代替医療という形で復活してきたが、アカデミズムの世界ではいまだ100パーセント認められているわけではない。
  しかし、コンピュータや電子顕微鏡、ナノ・テクノロジーなどの進歩によって、そうした医学界の常識は覆されつつある。身体(脳・神経・免疫系)と心(感情、思考、信念)との協働作業の実態が分子レベルで解明されてきたのだ。
  神経内分泌免疫学の専門家である著者は、心と身体、感情と健康の関係についての最新の知見を、その歴史的変遷をもたどりながら、医学のみならず、心理学、社会学、歴史学といったさまざまな分野を横断しつつ、幅広い視点から明快に概説する。非常に明晰かつ読みやすい文体であることから、専門家だけでなく、知的スリルに満ちた読み物として一般読者の好奇心をも満足させる、充実の一書。

商品の目次

第1章 感情と病気――分子の発見と古代の神話
第2章 感情はどこから来るのか
第3章 皮膚の外の不潔なスープ
      ――免疫系はいかにして外界から身を護るのか
第4章 心と身体の再統合
第5章 双方向の通路――対話する脳と免疫系
第6章 脳と免疫系のコミュニケーションが断たれるとき
第7章 ストレスは病気の原因になるのか
第8章 他者とのつながり――人間関係と病気のプロセス
第9章 信じることによって治るのか
第10章 免疫系はいかにして私たちの気分を変えるのか
第11章 鎖を解かれたプロメテウス――これからの展望

著者プロフィール
スターンバーグ,E.M.(エスター.M.) 医学博士。カナダ、モントリオールのマギル大学でリウマチ学を修め、同地で臨床経 験を積んだ後、米国セントルイスのワシントン大学で教育と研究に携わる。現在、アメリカ国立衛生研究所(NIH)と国立精神保健研究所(NIMH)において、「神経免疫プログラム」の責任者であり、「神経内分泌免疫学および行動」に関するセクションのチーフを務める。脳と免疫の関係についての著作には "The Mind-Body Interaction in Disease" "States of Mind: New Discoveries About How Our Brains Make Us Who We re"(ともに共著)があり、科学雑誌に掲載されたものを含めて100以上の論文、評論がある。アメリカ公衆衛生総局活動賞受賞。神経免疫調節国際協会会長。ホームページ:http://www.esthersternberg.com/
日向やよい 会津若松市生まれ。東北大学薬学部卒。宮城県衛生研究所勤務を経て翻訳に携わる。主な訳書に『殺菌過剰!』(原書房)、『新型殺人感染症』(NHK出版)、『走りを極める』(産調出版)などがある。
本書の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
1 2 3 4 5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.