日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
植物は気づいている

月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
植物は気づいている
バクスター氏の不思議な実験
定価本体1,524円(税・送料別) 造本形式46判
ページ数200発売日2005/07/01
ISBN9784531081462日本教文社刊
数量:
数量は在庫がある場合は、100まで変更することができます。
特定商取引法に基づく表示
facebookでシェア Twitterでつぶやく
商品の説明

1960年代、ウソ発見器の電極を接続された植物の葉が、周囲の人間の感情や意図に電気的反応を示すことを発見し、その後、トンプキンズ+バードの『植物の神秘生活』(邦訳工作舎)でとりあげられて世界中に一大センセーションを巻き起こした当事者による初めての著作。
  その実験の経緯から反響、その後の実験・研究(鶏卵、乳酸菌、人間の細胞を対象にしたバイオコミュニケーション)、現代科学に対する批判、バイオコミュニケーションの示唆するスピリチュアルな側面に到るまで、誠実な筆致で述べられている。
  著者の研究に基づいた本は何冊か出ているが、本書は当の本人が書いたものだけに資料的価値は高い。

商品の目次

第1章 世界を驚かせた実験
第2章 初期の観察
第3章 最初に出版された実験
第4章 科学者と一般人からの最初の反応
第5章 鶏卵を観察する
第6章 生きたバクテリアに同調する
第7章 動物の細胞から人間の細胞へ
第8章 バイオコミュニケーション研究と
      現代の科学者の姿勢
第9章 バイオコミュニケーション研究の未来

著者プロフィール
バクスター,C.(クリーヴ) 嘘発見機(ポリグラフ)の第一人者。元CIAの尋問官。植物が人や動物の感情に反応するという現象、「バクスター効果」を2年間の研究をもとに発表(1968年)、ベストセラーとなった『植物の神秘生活』(トンプキンズ+バード著、邦訳工作舎)に取り上げられたことがきっかけとなり世界的に有名になる。
穂積由利子 会津若松市生まれ。青山学院大学英米文学科卒。1999年まで20年余りカナダのトロント市に在住。同市で日系新聞社勤務、日本語学校校長を務める。現在は翻訳家。訳書にマダネス『変化への戦略』(誠信書房)、ウォーカー『バタードウーマン』(金剛出版)、ディファジオ『帰るべき場所』(中央アート出版社)、キャラハン『TFT〈思考場〉療法入門』、フィリップス『最新心理療法』(共訳)、アンドレアス+アンドレアス『コア・トランスフォーメーション』(以上、春秋社)などがある。
本書の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
1 2 3 4 5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.