日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
創造する真空(コスモス)

月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
創造する真空(コスモス)
最先端物理学が明かす〈第五の場〉
定価本体1,762円(税・送料別) 造本形式46判
ページ数310発売日1999/06/01
ISBN9784531081226日本教文社刊
数量:
品切れです。
facebookでシェア Twitterでつぶやく
商品の説明

科学界には今、既成の理論では説明できない事象や観測データが蓄積されつつある。本書は、こうした問題を解くため、これまでの科学理論を再検討。現在、自然界に存在する四つの場――重力場、電磁気場、強い核力場、弱い核力場の他に、さらにすべてを一つに結びつける「量子真空場」が存在する、という驚くべき仮説を提唱する。宇宙学、物理学、生物学、意識研究における謎の解明に果敢に挑んだ、スリリングな科学エッセイ。

商品の目次

第1部 確立された世界観
宇宙の進化/物質の本質/生命現象/心の出現

第2部 あいまいになる概念
宇宙学における未解決の問題/物質の理解におけるパラドックス/生命現象の謎/心の出現にまつわる神秘

第3部 新しい理解を求めて
統一理論を求めて――新しい物理学/統一理論を求めて――分野を超えて/統一理論――その最先端
第4部 新しい世界観の出現
準全体論への道/相互結合をもたらす場の発見/宇宙のダンス

著者プロフィール
ラズロー,E.(アーヴィン) ラズロ,E.(アーヴィン)とも表記する。1932年、ハンガリー、ブダペスト生まれ。ピアニスト、哲学者、未来学者。ニューヨーク州立大学教授、ベルリン国際平和大学理事・教授、ユネスコ顧問等を歴任。世界賢人会議「ブダペストクラブ」を主宰。ミクロの世界から、人間社会、宇宙までを貫く原理とその構造を探究する「システム哲学」の研究と発展に努める。著書は、『システム哲学入門』(紀伊国屋書店)、『人類の目標』(ダイヤモンド社)、『マクロシフト』(文春ネスコ)、『 生ける宇宙』『 カオス・ポイント』『 叡知の海・宇宙』『 創造する真空』(日本教文社)、『マクロシフト』(文春ネスコ)等、60冊以上の著作があり、論文・寄稿記事も多い。イタリア、トスカーナ在住。
本書の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
1 2 3 4 5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.