日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
症状別 神経症は治る 3

月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
症状別 神経症は治る 3
不潔・縁起・雑念・不完全恐怖症編
和久廣文 (著)
定価本体1,429円(税・送料別) 造本形式46判
ページ数260発売日2004/01/01
ISBN9784531063901日本教文社刊
数量:
数量は在庫がある場合は、100まで変更することができます。
特定商取引法に基づく表示
facebookでシェア Twitterでつぶやく
商品の説明

苦悩者よ、人生をあきらめるなかれ!
あなたの強迫観念は必ず消えていく!

手を何度も洗い、衣服を着替える「不潔恐怖症(病的な潔癖症)」や、「4」や「9」などの縁起の悪い数字・言葉に心が引っかかる「縁起恐怖症」、自分の記憶や行為の「正確さ」にこだわって同じ行為を何度でも繰り返す「不完全恐怖症(不正確恐怖症)」など、神経症が引き起こす不合理な恐怖や、不幸への妄想……。
それらの強い「こだわり心」に負けない克服への心のコツ=「流れる心」の習得法を、自らも体験者であった著者が熱血指導! 他人には分からない心の苦しみを軽減・消滅させてくれる、苦悩者の心に響くアドバイスの数々。(シリーズ最終巻)

商品の目次

はじめに
序――「流れる心」とは
第1章・ 不潔恐怖

1……中学生よ、高校生よ、その両親よ
●1● 家族はわが子の苦悩に精一杯に耳(心)を傾け、症状者は症状を家族(親)に打ち明けてみるべし
     強迫観念と強迫行為の認識と自覚
     遅刻や早退、欠席にどう対応したらよいか
●2● 親は専門家から「わが子への関わり方」を教えてもらうべし
     休学するほどの症状ならば、
     親の思いつきの援助では克服はむずかしい
     不潔恐怖症のわが子に親はどう関わったらいいのか
2……大学生(専門学校生)よ
●1● 建設的・創造的なことに心が向けば、克服への心的エネルギーが発動する
    知的理解一辺倒では克服は期待できない
●2● 何を学ぼうと、懸命に学べばその道の専門家になれる
    身(心)につけた「能力」は心のバランスをとり、劣等感や挫折感からあなたを救ってくれる
3……若きビジネスマン(OL)よ
●1● 症状があってもかまわない。最善を尽くせ!
    「粘り」を放棄しなければ、幸福も克服も得られる
●2● 結婚について
    適齢期への考え方
    結婚を急ぐ必要はないが、諦める必要もない
4……夫婦よ、知恵を発揮せよ
●1● 感情のもつれを回避せよ
    症状者が「夫(妻)は症状を理解すべき!」と開き直るのは、得か、損か
    妻(夫)を症状の巻き添えにしてはならない
●2● 夫は万難を排して家計を維持し、
    妻は万難を排して家事をこなすべし
    夫(妻)を「異常者扱い」しても、何の利益もない
    症状があっても「いたわり」の気持ちがあれば、まず離別(離婚)にはいたらない
5……子育て
●1●「わが子に症状を見せまい、気づかれまい……」と願う心は克服にも効く
    症状に慌てるな!
●2●「忍耐」は子どもにも自分にも善なり
    「忍耐」は必要なり
●3● 子どもを強迫観念や強迫行為の道づれにしてはならない
    強迫観念や強迫行為を子どもに教えるなかれ!
    症状の道づれは、なんとしても避けるべし
6……家長(家の主人)
●1● 精一杯に家長を務めれば、家族はきっと援助をしてくれる
    症状を言い訳にして、「売り言葉に買い言葉」の感情的対立に陥るなかれ
    前向きに克服せんとする姿は、必ずや家族の心を動かす
●2●「初めに症状ありき!」では、家族の心は離れてしまう
    家族に愚痴や泣き言を言ってばかりなのは考えものだ
    強迫行為の「代行」の強要は、家庭崩壊へとつながる
7……中高年者よ、弱気になるな
●1● 克服の「達人」をめざせ
    症状がしつこく残っていても、今さら慌てる必要はない
    疎外感に陥るなかれ
●2● 中高年者よ、伴侶との旅をしてみませんか
    旅行(遠出)への意欲を持て
8……重度の症状者よ
●1● 症状のエスカレート(悪化)について
    エスカレート(悪化)への落とし穴
●2● 身体を動かし(働かせ)、心を流すべし
    「汚い!」と思っても、あとで手を洗えばよい
    座りっきりや横になったきりでは「流れる心」になりにくい
    もう何年も外出していない(できない)場合は、どうしたらいいのか
●3● 克服のためなら、何度でも家族の援助を要請しよう
    援助は謙虚な気持ちで仰ぐべし

第2章・ 縁起恐怖
1……症状者よ、健常者の感覚を思い出すべし
●1●「縁起が悪い!」という気分はやりすごすべし
    「気(苦)にしない能力」と「気(苦)にする能力」
●2●「健全に流れる心」に症状的な恐怖は無縁
    とらわれていない心の流れ
2……症状者の縁起への考え方
●1● 不安神経症と強迫神経症における縁起恐怖
    不安神経症(パニック障害)における縁起恐怖
    強迫神経症(強迫性障害)における縁起恐怖
    プラスの自己暗示でも、度を超すのは考えもの

第3章・ 雑念恐怖
1……「くだらないこと」のはずだが……
●1● 雑念によるマイナス遊びはやめるべし
    つい、うっかり……雑念にとらわれていると、いつの間にか症状化してしまう
●2● 雑念は浮かんだまま放っておく
    気になる観念(行為)には、「頭上を飛び回る蝿」のように対処せよ
2……くだらない雑念は関わる値打ちなどない
    マイナスの追求思考をストップし、プラスの思考を駆使せよ
    雑念には初めから関わらないのが理想的
3……雑念に負けず、深入りしない方法
●1●「雑念を浮かべてはならない!」と、とらわれるな。
    雑念を目の敵にするな
    雑念には知らん顔(心)でいる
●2● さりげない心境が一番いい
    目の前の用向きに心を流しつづけよ
4……雑念とは上手につきあうべし
    気(苦)になるけど気(苦)にならない……
5……嫌だと思っている雑念を無視できるようになるには
●1●「無視しよう!」と意地になってはいけない
    「有害化しそうな雑念」にだけ対処せよ
●2● 心を症状以外のことへ流す
    「雑念の引力」に引き戻されそうな気分でも、
    なるべく心を先へ流すこと
6……雑念は「悪者」ではない。
    自分がくだらない形で力を貸しているにすぎない
●1●「外堀」から埋める
●2● うっかりすると「落とし穴」にはまる
    家族の「協力」はなるべくならしてもらわない
●3●「縁起」云々に災いをもたらす力などない
    世間の人たちの感覚に合わせる

第4章・ 不完全(不正確)恐怖
1……完全欲について
●1● 懲りる人、懲りない人
    懲りる人
    懲りない人
●2● 生来の執着性を長所にせよ
    執着性に懲りずに(失意に陥らずに)、最善を尽くすべし
    完全癖と上手につきあう方法
2……完全癖に追い込まれたならば
●1● チャンスは必ずやってくる
    今こそ勇気を持て!
    プラス思考の活かし方
●2● 客観性に力をつけよ
    健全な心のバロメーター
    努力はきっと実る
    健常者の感覚を範とせよ
●3● 仕事や家事、勉強における完全癖
    仕事における完全癖
    家事での完全癖
    勉強における完全癖
●4● 完全欲は善なり、完全癖は悪なり
    「完全さ」に対するプラス思考とマイナス思考
     禍を転じて福となす(完全癖から完全欲へ)
おわりに

著者プロフィール
和久廣文 昭和8年、千葉県生まれ。心理克服センター所長。自身の体験に基づいて、独自の心理療法を開発。特に神経症に苦悩する人々とその家族への「理解」「共感」「客観性」を駆使した指導で数多くの成果をあげている。主な著書に『強迫神経症は治る』(日本教文社)、『不安神経症は治る』(日本教文社),『強迫神経症克服マニュアル』(日本教文社),『家族に贈る強迫神経症の援助法』(日本教文社),『症状別 神経症は治る 1』(日本教文社)、『新版 あなたの「強迫神経症」』(オーエス出版)などがある。
本書の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
1 2 3 4 5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.