日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
魂の記憶

月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
魂の記憶
宇宙はあなたの全てを覚えている
喰代栄一 (著)
定価本体1,524円(税・送料別) 造本形式46判
ページ数248発売日2003/06/01
ISBN9784531063857日本教文社刊
数量:
数量は在庫がある場合は、100まで変更することができます。
特定商取引法に基づく表示
facebookでシェア Twitterでつぶやく
商品の説明

あなたの人生には、永遠の価値がある

私たち人間はこの地球という惑星に生まれ、喜びや悲しみとともにあらゆる経験を積み重ね、それらに学び、死んでいく。しかしその記憶を、宇宙はけっして忘れることはない。
「魂」の不滅を科学的に考察するゲリー・シュワルツ博士の新理論「動的システム記憶仮説」を中心として描き出される、世界と人間の新たなリアリティ。
宇宙にはあなたの人生の足跡が必ず刻印されるのだ―「宇宙が、あなたを覚えている」。

商品の目次

序にかえて――心理学者リンダ・ルセックが、
       心ひそかに思い続けていたこと
●第1章 ……宇宙のシステムは、万物の情報をやり取りする
 恋人たちの電子メール返信問題
 妖精たちのキャッチボール
 「動的システム記憶」と、宇宙の「輪になった因果性」
 仲のよい恋人や夫婦はなぜ似ているのか?
 自己改変システムとしての「ソウルメイト」(魂の伴侶)
 世界とは、「システム」が複雑な入れ子状になったもの
 だから世界では、予測しがたいものも創造される
 あなたは知らず知らず、「情報エネルギー」
  を交換しながら生きている

●第2章 ……宇宙の情報は、「光」にのって飛ぶ
 情報とエネルギーは一体のもの?
 インフォン(情報子)とは、「穴」のようなものである
 シュワルツのヌードは、光にのって宇宙空間を飛ぶ
 電波は情報をのせて永遠に旅をする?
 宇宙は巨大なビデオカメラのよう
 脳組織から生み出されるフォトン――
  意識と記憶は「光」から生じる?
 意識はそれ自体が「宇宙の基本的特性」である
 宇宙の意識は、自分自身の過去を追憶する
 「シュワルツの仮説」が導く新たな世界観
 私たちの「魂」とは「情報エネルギーシステム」である?

●第3章 ……物質は、すべてを記憶する
 ホメオパシーで転落事故から奇跡的に生還した女性
 ホメオパシーで視覚を取り戻した医師
 心臓発作を治したホメオパシー
 自殺願望を消すホメオパシー
 ホメオパシーは他のどんな治療法よりも治癒率が高い?
 シュワルツの仮説が説明するホメオパシーの謎
 なぜ水が薬効成分物質の情報を蓄積するのか?
 電磁場に情報を蓄えるクラスター水
 水は、様々に構造を変える魔法の物質
 雪
 病気は、身体という物質システムのゆがみの蓄積で起こる?
 植物の香りが心身を癒す
 精油により心的外傷後ストレス障害(PTSD)が治った例
 なぜアロマセラピーは病気に効くのか
 精油は植物の生命力を記憶している?
 奇蹟を起こす「聖者の遺物」には情報エネルギーが宿る?
 持ち主の心を情報として蓄積するという「月光石」

●第4章 ……世界は、あなたのすべてを永遠に記憶する
 ある自叙伝作家からの信じられない電話
 移植された「心臓の記憶」
 ドナーの「好み」までも移植されたのか?
 ドナーの性格が、自分の性格にとって替わる
 それは、ドナーの過去の人生?
 愛の営みの最中にささやいた名前
 なぜ、心臓移植患者にドナーの人生が入り込むのか
 シュワルツとルセックが始めた「心臓エネルギー学」とは
 脳が心臓のまわりを回っている?
 かすかな生命エネルギー、それを「Lエネルギー」と呼ぶ
 一卵性双生児における「人生の共鳴」
 身体の外にいても、私たちとつながっている白血球
 一度相手とつながったら、遠隔地からでも治療できる気功師
 シュワルツの仮説が説明する遠隔気功の謎
 あなたの心身の調子がコンピュータに影響する?
 「例外現象」を研究するプリンストン大学のプロジェクト
 ヒヨコの心と「共鳴」するロボット
 「量子真空」――生きている宇宙が記憶を蓄える空間
 自分の人生記録が「宇宙のホームページ」に存在する?
 米国同時多発テロを夢で予知した男
 あの世にいる人たちから届く「未来の情報」
 人類は過去に三度の「マクロシフト」を経験している
 科学は今、「ロゴス」から「ホロス」への大変換点に来ている
 世界は、あなたのすべてを永遠に記憶する
 すべての人の人生に、素晴らしい意味と価値がある

著者プロフィール
喰代栄一 1974年、埼玉大学理工学部生科学科卒業後、東京医科歯科大学医用機材研究所で約3年間の研究生活を送る。1993年、「時間生物学」を題材とした科学読み物『脳に眠る「月のリズム」』(光文社カッパ・サイエンス)を上梓して、サイエンスライターとしての活動を始める。1996年には「シェルドレイクの仮説」を紹介した『なぜそれは起こるのか』(サンマーク出版)がベストセラーとなる。その後、『こうして未来は形成される』(サンマーク出版)、『地球は心をもっている』(日本教文社)などの著作を発表、環境のコンサルタントビジネスのかたわら、サイエンスとスピリテュアリティーの融合を求めて著作活動を続けている。
本書の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
1 2 3 4 5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.