日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
自然に学ぶ生活の知恵

月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
自然に学ぶ生活の知恵
「いのち」を活かす三つの原則
石川光男 (著)
定価本体1,333円(税・送料別) 造本形式46判
ページ数240発売日2003/04/01
ISBN9784531063819日本教文社刊
数量:
数量は在庫がある場合は、100まで変更することができます。
特定商取引法に基づく表示
facebookでシェア Twitterでつぶやく
商品の説明

『自然に学び、「いのち」を活かす』という著者独自の考えを生活面に展開した健康編。

自然界のシステムが持つ三つの原則(つながり・はたらき・バランス)を重視した生き方をすれば、すべてがいきいきすることを、わかりやすく身近な例を紹介しながら解説。社会風潮に流されない生き方の基準を提供する。

商品の目次

はじめに
第1章 20世紀の常識と「いのち」の「ものさし」
1 時代によって変わる生き方の「ものさし」
2 健康法を支える心のクセ
3 栄養学の落とし穴
4 生命を超える「いのち」の「ものさし」
5 からだの毒と心の毒は早く出す
第2章 「つながり」から生まれる自然の秩序
1 機械の秩序と自然の秩序
2 自然との「つながり」を深める
3 あなたは母乳派? ミルク派?
4 心が変わればからだが変わる
5 伝統食は健康食
第3章 自然の「はたらき」を活かす
1 自然を利用する文化と自然を活かす文化
2 からだの機能をこまめに使う
3 スポーツは長生きの良薬?
4 「道」の統合性と異質補完
5 血質と血循の異質補完
6 血液ドロドロは百病の源
第4章 自然の「バランス」を活かす
1 減塩常識の落とし穴
2 自然のバランスを大切に
3 食物の陰陽バランス
4 からだのサビを防ぐ
5 悪玉の増え過ぎと細胞の使い過ぎに注意
第5章 外への思いやり、内への思いやり
1 「地球の健康」への思いやり
2 部分を見る目と全体を見る目
3 機械とのつながりと「内を見る目」
おわりに

著者プロフィール
石川光男 1933年生まれ。北海道大学理学部大学院修士課程修了。国際基督教大学名誉教授。理科・文科の両分野にまたがった学際研究に強い関心を持ち、幅広い研究活動を続ける一方、国際会議の経験も豊富。日本人体科学会理事、日本ホリスティック医学協会顧問。著書に『生命思考』(TBSブリタニカ)、『自然に学ぶ生活の知恵』(日本教文社)『複雑系思考でよみがえる日本文明』(法蔵館)など多数がある。
本書の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
1 2 3 4 5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.