日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
症状別 神経症は治る 1

月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
症状別 神経症は治る 1
外出・乗車・閉所・高所・尖端恐怖症編
和久廣文 (著)
定価本体1,524円(税・送料別) 造本形式46判
ページ数248発売日2002/03/01
ISBN9784531063697日本教文社刊
数量:
数量は在庫がある場合は、100まで変更することができます。
特定商取引法に基づく表示
facebookでシェア Twitterでつぶやく
商品の説明

 不安な時代の現代病とも言える、強迫神経症・不安神経症。その苦悩者の方々に頻繁にみられる、日常生活の自由を奪ってしまう五つの恐怖症――外出恐怖症、乗車恐怖症、閉所恐怖症、高所恐怖症、尖端恐怖症。
 自らも深刻な体験者であった心理療法家の著者が、重度の恐怖に苦しんでいる神経症者のために、無理のない克服法を懇切丁寧に紹介。
 「こだわる心」から「流れる心」への転換をはかり、元気に社会生活に復帰できるように、心に響く援助と励ましの言葉を贈ります。

商品の目次

第1章 外出恐怖
1 なぜ外出が怖いのか
【1】―心の流れはどうなっている?
    恐怖にとらわれていないか
【2】―常にプラス思考を働かせているか
    客観性と人への思いやりを発揮せよ
【3】―孤独感の虜になっていないか
    あなたは、本当に孤独なのか
    外出先には「幸福」が待っている
【4】―症状とどう関わるか
    うつ状態の場合の外出
    不安神経症の場合の外出
    強迫神経症の場合の外出
2 絶対に外出を敢行すべきか
【1】―がんばりすぎての外出
    「無茶をしない余裕のがんばり」でよい
【2】―機が熟しての外出とは
    自分を甘やかさないこと
【3】―家族との外出
    家族の温情を素直に受けよ
【4】―一人での外出
    遠出でなくてもよい
    外出の練習効果
3 外出先で不安や恐怖を感じた時
【1】―家に逃げ帰るのは考えものだ
    前向きな心でいればよい
【2】―プラスの思考と感情で心の安定を得る
    最善を尽くした心の状態に優るものなし
【3】―用事が済むまで帰らない
    今なりの諦めの心境になるしかない
【4】―いかなる場合でも慌てる必要はない
    慌てる必要はないが、急ぐのはかまわない
    「医者だ! 薬だ!」と慌てない

第2章 乗車恐怖
1 予期不安に駆られていないか
【1】―心の健康度
    こんなプラス思考はどうだろう
【2】―身体の健康度
    心配が過ぎるは愚かなり
【3】―心と身体の健康度
    身体の調子に合わせればよい
【4】―「流れる心」を活用せよ
    友人(知人)を訪ねることの効用
    景色(風景)に視線を向けよ
    何にも頼らない
2 乗って治す、乗らないで治す
【1】―臨機応変でよい
    必要があれば乗るしかない
    乗らないで済めば、それもよし
【2】―希望や楽しみを探せるか
    意志さえあれば「流れる心」の力は喚起される
【3】―人生に光が射せば、乗車恐怖などはすぐに消滅する
    乗り物にばかり心を奪われないで、仕事、勉学、趣味などに
    精一杯の情熱を傾けよ
    恋人について

第3章 閉所恐怖
1 「開く心」と「閉じる心」
【1】―「開く心」
積極性を持つ
【2】―「閉じる心
    消極性とは
【3】―閉所を目の敵にするな
    気(苦)になっても入って(乗って)みる
【4】―自由な心
    夢見る心
    楽観的な心
2 逃げ腰の心は恐れを招く
【1】―エレベーター
    マイナスの自己暗示
【2】―バス・タクシー 
    乗るも乗らぬも、それはあなたの自由なり
【3】―急行電車(快速電車)
    宇宙の果てに運ばれるわけでなし
【4】―飛行機
    心が沈んでいるから怖いのだ

第4章 高所恐怖
1 高所は怖くてかまわない
【1】―高所への慣れ方
    前向きな心の状態が必要
【2】―高所にとらわれすぎない
    気にはなっても、その観念に長居をしない
【3】―健常者の精神的エネルギーに従いて(あやかって)いくべし
    逃げる心、逃げない心、仕方なしの心、積極的な心……
    それぞれに「関わり方」があるものだ
【4】―スポーツ(格闘技を含む)
    水泳の高飛び込み(飛び板飛び込み)
    スキーのジャンプ
    プロレスラー
2 前向きな「流れる心」の流れに任せるべし
【1】―自然に任せればよい
    話に花を咲かせ、健常者のペースに乗ってみよ
【2】―高所が苦手でも「人間失格」にはならない
    愚痴をこぼせば、気は楽になるか
【3】―「気分」への関わり方
    プラス(良い)気分とマイナス(悪い)気分

第5章 尖端恐怖
1 症状的な恐怖、健常者的な恐怖
【1】―症状的な感覚とその恐怖
    被害者的・加害者的な強迫観念による恐怖
【2】―健常的な感覚での恐怖
    症状的な「とらわれ」のない対応能力
【3】―「弱い心」と「強い心」、「とがった心」と「まるい心」
2 尖端恐怖のいろいろな克服法
【1】―急いで「恐怖突破」を試みる必要はない
    「高みの見物」も、時には良しとせよ
【2】―「とがった物」は、便利なもの、重宝なもの
    健全性に富んだ使い方(関わり方)をすればよい

著者プロフィール
和久廣文 昭和8年、千葉県生まれ。心理克服センター所長。自身の体験に基づいて、独自の心理療法を開発。特に神経症に苦悩する人々とその家族への「理解」「共感」「客観性」を駆使した指導で数多くの成果をあげている。主な著書に『強迫神経症は治る』(日本教文社)、『不安神経症は治る』(日本教文社),『強迫神経症克服マニュアル』(日本教文社),『家族に贈る強迫神経症の援助法』(日本教文社),『症状別 神経症は治る 1』(日本教文社)、『新版 あなたの「強迫神経症」』(オーエス出版)などがある。
本書の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
1 2 3 4 5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.