日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
家族崩壊

月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
家族崩壊
ひとは独りでは生きられない
定価本体1,762円(税・送料別) 造本形式46判
ページ数300発売日1999/02/01
ISBN9784531063260日本教文社刊
数量:
数量は在庫がある場合は、100まで変更することができます。
特定商取引法に基づく表示
facebookでシェア Twitterでつぶやく
商品の説明

いま日本では、会話のない親子、熟年離婚や国際離婚などが増加し、家庭・家族が崩壊の危機に瀕している。多くの家庭問題の解決に携ってきた著者が、さまざまな実例や、アメリカ・台湾の家族に対する考え方を紹介しながら、文化の凝縮ともいうべき家族のあり方を問う。壊れかけた「日本の家族」を蘇らせる本。

商品の目次

第1章 現代の家族の苦悩
第2章 アメリカにみる夫婦・家族の苦悩
第3章 中華民国・台湾にみる夫婦・家族のあり方
第4章 「家族」をめぐる文化的背景
第5章 日本に「家族」を再建するために

著者プロフィール
久保田信之 昭和11年東京生まれ。学習院女子大学教授。アジア問題懇話会代表幹事、日華大陸問題研究協会理事としても活躍。昭和63年、最高裁より東京家庭裁判所家事調停委員を任命され、多くの夫婦・家庭間のトラブルの調停にあたっている。主な著書に『断絶の修復』(芸林書房)『神なし個人主義』(振学出版)などがある。
本書の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
1 2 3 4 5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.