日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
パリ憂国忌

月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
パリ憂国忌
三島由紀夫vsヨーロッパ
竹本忠雄 (著)
定価本体1,524円(税・送料別) 造本形式46判
ページ数288発売日1981/01/01
ISBN9784531061167日本教文社刊
数量:
数量は在庫がある場合は、100まで変更することができます。
特定商取引法に基づく表示
facebookでシェア Twitterでつぶやく
商品の説明

三島由紀夫自決後、ヨーロッパに猛然と吹き荒れた三島論争とは何か? 滞仏11年に及ぶ著者の克明な分析とともに、東西文明間の“接点と相克”を解明する異色の三島由紀夫論。

商品の目次

第一部  超新星の誕生
 第一章―フランスの戦慄
  1 予兆
  2 セーヌ河にどんぶり… ほか
 第二章―第一回パリ憂国忌
  1 凱旋門のかたわらに
  2 慟哭したフランドル詩人 ほか
第二部 龍よ、目覚めよ!
 第一章―苛烈なる啓示
  1 予言者、故郷に入れられず
  2 知られざるフランスの靖国神社 ほか
 第二章―パリ=ローマの論争
  1 皇太子殿下の問い
  2 手繰られた「市ヶ谷」の因縁 ほか
第三部 幻影の対話
 第一章―別の文明に向かって
  1 日本の昼、西欧の夜
  2 拒否と肯定としての自刃

著者プロフィール
竹本忠雄 昭和7年、大阪に生れる。東京教育大学大学院でフランス文学を専攻。昭和38年、仏政府給費留学生として渡仏、ジャン・グルニエ教授のもとで美学を修める。滞仏11年間、講演と美術展組織をもって広くヨーロッパに日本文化を紹介する。昭和55年、フランス政府より文芸騎士勲章を受章。パリ大学講師、筑波大学教授、コレーシュ・ド・フランス客員教授を経て、現在、筑波大学名誉教授、(社)倫理研究所客員教授。
本書の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
1 2 3 4 5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.