日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
トップページ >懸田克躬
懸田克躬
  • 表示順
著者プロフィール
懸田克躬 明治39年生まれ。昭和6年東北帝国大学医学部卒。昭和25年順天堂大学教授となり、36年医学部長、47年学長を歴任。医学教育振興財団理事長も務めた。平成8年没。著訳書に『愛について』『フロイド選集5 性欲論』『フロイド選集9ヒステリー研究』『フロイド選集17自らを語る』などがある。
性欲論〈デジタル・オンデマンド版〉

性欲論〈デジタル・オンデマンド版〉

シリーズ フロイド選集 (5)

性――この語義が劣情の代名詞として曲解されつつある現代。男女性心理の革命家フロイドの冷徹な臨床観察の結晶たる本書の学理は古典的格調と権威をもって性の実態を明示する。(このシリーズのオンデマンド版では元本よりひと回り大きいため、文字も少し大きくなっています。)

ISBN:9784531026050 造本形式:A5判(元本よりひと回り大きいため、文字も少し大きい)/並製カバーなし  ページ数:338(シリーズ初版発行時の月報を巻末に含む)  定価:本体3,600円(税・送料別)

詳しくはこちら

ヒステリー研究〈デジタル・オンデマンド版〉

ヒステリー研究〈デジタル・オンデマンド版〉

シリーズ フロイド選集 (9)

社会生活が複雑をきわめればきわめるほど、人間心理はそのメカニズムに毒されてきた。特に女性のヒステリー現象に関する原因を鋭くえぐり出した理論は、興味ある名著として有名である。(このシリーズのオンデマンド版では元本よりひと回り大きいため、文字も少し大きくなっています。)

ISBN:9784531026098 造本形式:A5判(元本よりひと回り大きいため、文字も少し大きい)/並製カバーなし  ページ数:426(シリーズ初版発行時の月報を巻末に含む)  定価:本体4,200円(税・送料別)

詳しくはこちら

自らを語る〈デジタル・オンデマンド版〉

自らを語る〈デジタル・オンデマンド版〉

シリーズ フロイド選集 (17)

画期的理論である精神分析学はどのような過程を経てきたのであろうか。斯学の完成者としての著者が語る精神分析の歴史はそのままフロイドの自叙伝ともいえよう。フロイド研究者必読の書。(このシリーズのオンデマンド版では元本よりひと回り大きいため、文字も少し大きくなっています。)

ISBN:9784531026173 造本形式:A5判(元本よりひと回り大きいため、文字も少し大きい)/並製カバーなし  ページ数:366(シリーズ初版発行時の月報を巻末に含む)  定価:本体2,800円(税・送料別)

詳しくはこちら

前のページ1 次のページ
ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.