日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
一番大切なもの

月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
一番大切なもの
谷口清超 (著)
定価本体1,150円(税・送料別) 造本形式46判
ページ数232発売日2004/04/01
ISBN9784531052370日本教文社刊
数量:
数量は在庫がある場合は、100まで変更することができます。
特定商取引法に基づく表示
facebookでシェア Twitterでつぶやく
商品の説明

本書は生長の家総裁が2004年に著した本です。
環境保全への取り組みが、もはや待ったなしとなった今日、わたしたちが考えるべき「一番大切なこと」とは何か。これが本書のテーマです。
生長の家は、環境問題に積極的に取り組み、関連団体も含めて、ISO14001の取得をめざしています。
宗教がどうして環境問題に取り組むのかという疑問をもたれる方もいるようです。「宗教は心の中のことだけでいいのではないか……」と。本書は、そんな疑問をもっている方にも納得していただける一冊になっています。

著者は、本書で次のような「大切なこと」を説かれています。
 1 人類が自分たちを生かす自然の本当の偉大さに目覚めること。
 2 この世(地球)のあらゆる物にかけがえのない価値があることに目覚めること。
 3 世界は本来一つの命につながる共同体であることに目覚めること。
 4 金・名誉・欲望を超えた本当の価値に目覚めること。

このようなテーマのもと人類がこれからも永く地球とともに繁栄し続けるための物の見方、人生観、世界観をわかりやすく提示しているのが本書です。
本書を読めば、地球環境問題とは、実は一人ひとりの「心」の問題であり、環境問題の克服のために、本当に改善しなくてはならないのは、「結果」であるところの「環境」というより、むしろ「原因」であるところの「心」であることが納得できるはずです。

商品の目次

1 自然はありがたい
自然はありがたい
いのちは尊い
水と心について
無限のエネルギーがある
2 無駄な物は一つもない
大切なものばかり
いのちは大切だ
エネルギーの本源
「小」は「大」である
3 世界は一つである
地球と生きる
人類をつなぐ絆
心を転換しよう
科学と正しい信仰
4 環境問題の克服のために
偉大なるコトバの力
「物づくり」の心
潔く生きよう
何を第一にするか

著者プロフィール
谷口清超 大正8年(1919)10月23日、広島市に生まれる。東京大学文学部を卒業。
昭和17年(1942)、『生命の實相』にふれて深い信仰体験を得る。やがて生長の家創始者・谷口雅春氏に師事。昭和21年(1946)、谷口雅春氏の長女、谷口恵美子・生長の家 前白鳩会総裁と結婚。以後、生長の家副総裁として日本全国はもとより海外に教えを宣布する。昭和60年(1985)11月、生長の家総裁の法燈を継承する。平成20年(2008)10月28日、ご逝去(満89歳)。『谷口清超ヒューマン・ブックス(全10巻)』『谷口清超新書文集(全10巻)』(日本教文社刊)など多数がある。全著作一覧
本書の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
 1    2    3    4    5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.