日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
金海龍
  • 表示順
著者プロフィール
金海龍 韓国光明会会長。1925年北朝鮮黄海道に生まれる。1952年朝鮮日報に入社。地方部長を経て同社大邱支社長に在任中生長の家の教えに触れ、知人を集めて1975年「光明会」を創設。その後1988年「韓国教文社」を設立し、月刊『光明』誌を発刊。『人生を支配する道』(1) (2)、『無心無我の生活』等の著書(韓国語)と、『生命の實相』を含めた多数の訳書を通じて光明思想普及に専念している。
光明一念

光明一念韓国光明化に半生を捧げて

金海龍 (著)

「朝鮮日報」支社長時代、谷口雅春先生の『靜思集』『生命の實相』に出会い、大いなる感銘を受ける。そして49歳――「光明会」を創設し、そこから光明一念の日々が始まった。
 韓国大邱で「光明会」や一日修練会を活発に開催し、喜びの輪が次々と奇跡的体験を生み会員が急増。そしてみ教えの伝道に専念するため、ついに本業の新聞社支社長職を辞す。全てをなげうって光明化運動に挺身し、後に、念願の月刊『光明』誌出版と「韓国教文社」の設立に至る。
 真摯な信仰姿勢とバイタリティ溢れる行動力が、人々に感動を与え、一人の力が韓国全体に光明の輪を広げた姿に、信仰の原点を再確認する一冊。

ISBN:9784531063734 造本形式:46判  ページ数:216  定価:本体1,143円(税・送料別)

詳しくはこちら

前のページ1 次のページ
ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.