日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
トップページ >寺山心一翁
寺山心一翁
  • 表示順
著者プロフィール
寺山心一翁 (てらやま・しんいちろう)1936年東京生れ。1960年早稲田大学第一理工学部電気工学科卒業、その後、東芝入社、半導体素子の研究、開発、試作に従事。1980年寺山コンサルタンツオフィスを設立。1984年に右腎臓がんとなり、手術、抗がん剤、放射線治療という現代医学による治療にもかかわらず、がんが右肺など他部位へ転移し、末期と診断されたのを機会に、自宅で死を迎えるために退院。やがてがんに愛を送り、深い気づきを得て、副作用のない様々な代替療法を自分が中心となり、自分のからだに調和をとりながら統合的に取り入れ、やがてがんは自然治癒していった。ホリスティック経営コンサルタント(1981〜)、日本ホリスティック医学協会常任理事(1987〜1995)、フィンドホーン財団評議員(1988〜)、特定非営利活動法人国際和合医療協会(ISMA)副理事長(2004〜)などを歴任。●ホームページ=http://www.shin-terayama.jp/ ●フィンドホーン関連書はこちら
がんが消えた

がんが消えたある自然治癒の記録

アリゾナ大学医学部教授アンドルー・ワイル博士絶賛! ワイル博士著「癒す心、治る力―自発的治癒とはなにか」で紹介された、治癒体験者がすべてを語る!

“末期がん”と診断されて20年。私はこうして今も生きている。
西洋医学的治療を離れて、なぜ“がん”は消えたのか。余命いくばくもないと思われていた“がん患者”の発病から消滅までを克明につづった生きた記録。

ISBN:9784531064038 造本形式:46判  ページ数:300  定価:本体1,333円(税・送料別)

詳しくはこちら

前のページ1 次のページ
ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.