日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
トップページ > 月刊誌 > いのちの環 No.73(4月号) 自然と人との調和を目指す
いのちの環 No.73(4月号)

編集:宗教法人「生長の家」
発行:株式会社 日本教文社
月刊誌は一般財団法人 世界聖典普及協会より配送されます。
特定商取引法に基づく表示
月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
いのちの環 No.73(4月号)
自然と人との調和を目指す
定価364円(船便送料込)
サイズ/ページ数 A5(148× 210ミリ)/68
一冊:364円(船便送料込)
数量:
数量は在庫がある場合は、100まで変更することができます。
国内送本は1冊:352円<税・送料込>(No.49までは360円<税・送料込>)
年間購読:3,850円<税・送料込>となります。
月刊誌3誌(いのちの環・白鳩・日時計24)を合わせて5部以上年間購読すると、3,360円(税・送料込)になります(但し、開始月が同じで、同名義で同じ住所へ送付する場合に限る)。
・GDPR(EU一般データ保護規制)に参加している国からご注文もしくは同国への発送は承れません。ご了承のほどお願い申し上げます。
※GDPRに参加している国(2020/04/01現在):オーストリア、ベルギー、ブルガリア、キプロス、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、クロアチア、英国、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー

国内送本はこちら
立ち読み facebookでシェア Twitterでつぶやく バックナンバー
内容

環境・資源・平和の問題を解決し、芸術表現の喜びを広げる生長の家の総合誌!

□環境保全や資源問題の解決に取り組む人の記事を掲載します。
□すべてのいのちを大切にする生き方を伝えます。
□芸術表現を行っている人やその投稿作品を掲載します。

特集

特集1 オーガニック野菜の作り方
化学肥料や農薬に頼らず、自然の働きを生かした、人だけでなく、すべての生命にとって安心・安全なオーガニック(有機)野菜──。竹を肥料に使ったり、互いに相性のよい植物を組み合わせるなど、オーガニック野菜の作り方について聞いてみました。

・インタビュー 野菜が持っている生命力を引き出す
宮原學(みやはら・まなぶ)さん(オーガニック野菜研究家)
化学肥料ではなく、竹と炭を肥料として使うバイオケミカル(生物化学=バイケミ)による農法、農薬の代わりに、互いに好影響を与え合う植物同士を混植し、病原菌や害虫を防ぐコンパニオンプランツによって、オーガニック野菜を栽培している宮原學さんに、オーガニック野菜の作り方などについて聞いた。

特集2 子供を生かす母の愛
・私のターニングポイント 「『素晴らしい神の子』と無条件に信じた時、不登校が消えました」

・子供の神性 谷口清超(前生長の家総裁)

そのほかの目次

核兵器と麻薬
谷口雅宣(生長の家総裁)

聖典をひらく 天地万物相互礼拝相互感謝の生活
谷口雅春(生長の家創始者)

●美のステージ
古布のいのちを生かし小物などにリメイク
●信仰随想
妻に感謝、生長の家の教えに感謝
●コラム 悠々味読
皮膚も音を聴いている!?
●連載 マイギャラリー 絵と人生
『時の庭』の裏側に一体となって存在する自分の想い

●自然の声を聴く
自宅の小さな森で自然との一体感を味わう
●連載 ノーミートライフ 地球のためにできること
命あるものとしての尊厳を踏みにじる肉牛生産の現場
●リレーエッセイ脱原発
“ムスビの働き”で、脱原発の実現を
●連載 Green Bookmark
吾が心の大きさ
●森からのエコルポ
自然と調和した家造りを通して、自然と共に暮らす魅力を伝える

●私のこの一冊
『神は生きている──青春の苦悩と歓喜』
●Q&A誌上カウンセリング
「優しい同僚への恋心が募り、辛い」
●絵手紙ぽすと
●マイタウン、マイファミリー
「皆さんのお役に立つ。それが私の一番の幸せです」(熊本市北区)

本誌の感想
実相顕現
2019/04/10
by
市川(神の子)
私は笑顔で復興されてる事がとても安心致しました。災害にあった方々の支援をよろしくお願いいたします。
私にできる事を御支援下さいました事感謝いたしております。
神の子らをお導き下さい。また、ご本を贈り下さい。世界の子供達を御守り下さい。再拝・市川
瞑想の良さがよくわかった。
2010/10/18
by
楽多郎(会社員)
いのちの環を実感するためには、生きとし生けるものとの一体感が必要に思いますが、その一体感は瞑想で得るところも多いと思います。そのことがインタビューやルポ、そして解説でよくわかりました。大変参考になりました。ありがとうございました。
本誌の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
1 2 3 4 5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.