日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
がんが消えた

月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
がんが消えた
ある自然治癒の記録
定価本体1,333円(税・送料別) 造本形式46判
ページ数300発売日2006/10/01
ISBN9784531064038日本教文社刊
数量:
数量は在庫がある場合は、100まで変更することができます。
特定商取引法に基づく表示
facebookでシェア Twitterでつぶやく
商品の説明

アリゾナ大学医学部教授アンドルー・ワイル博士絶賛! ワイル博士著「癒す心、治る力―自発的治癒とはなにか」で紹介された、治癒体験者がすべてを語る!

“末期がん”と診断されて20年。私はこうして今も生きている。
西洋医学的治療を離れて、なぜ“がん”は消えたのか。余命いくばくもないと思われていた“がん患者”の発病から消滅までを克明につづった生きた記録。
「寺山さんの癒しの過程で起こった最も驚くべき出来事は、自分自身ががんをつくったのだ、と彼が気づいたことでした。…私は『癒す心、治る力』の中で、寺山さんの話のこの部分をとくに強調しています。なぜなら、病いと戦うことをやめ、病いをふくめて人生や自分自身をまるごと受け入れた結果、重病から癒された患者さんたちを私は知っているからです」(アンドルー・ワイル博士推薦文より)

商品の目次

読者の皆様へのメッセージ(アンドルー・ワイル博士)

プロローグ
私はガンだと知らされなかった/当時の心境/死に対する恐怖

第1章 がんとの出会い
がんになった理由/病気の始まりを自覚/血尿が出た/初めての触診/入院させられる/手術承諾書の意味するところ/摘出手術/医師への質問/手術後の注射/抗がん剤を断る/年末に一時退院/たくさんの見舞い客とお茶会/手が痺れてきた/光線をかけよう/老いたる父母が見舞いに来る/放射線治療の再開/不思議な夢に出くわす/感覚が高まる/病院の屋上で寝る/退院に成功する

第2章 自宅に戻って
神社にお参りする/水が飲めない/早速の訪問者/胸の痛みに「愛しているよ」/束縛のない生活が始まる/太陽のありがたさを感じる/今日という日があることを実感した/桜の花びらが、声を出した/小鳥がいつさえずりをはじめるか/呼吸の大切さに気づく/チャクラの存在に気づく/般若心経と雨ニモマケズ/クンダリーニを体験

第3章 チェロの恩師の死が私を導いてくれた
チェロの恩師/葬儀に行けないイラつき/雨田光弘さん/チェロの練習を再開する/チェロの音色/長谷川陽子さん/黄帝大経を読む/チェロを弾く効果と親鸞の歎異抄

第4章 マクロビオティックとの出会い
大塚晃志郎さん/望診の薦め/マクロビオティックを実践する/お風呂の効用/体からの排毒/鎮痛剤というもの/大森英桜先生の望診を受ける/正食医学講座/智慧と知識/座禅の体験/指圧の効用

第5章 穂高養生園に通う
福田俊作さん/穂高養生園がスタートする/きのこ採りに参加する/穂高養生園のヨガ/現代のがんの治療法/ホリスティック医学に出会う

第6章 フィンドホーンに導かれる
講演者としての招待/私は何も知らないフィンドホーン/周囲の反対/チャネリング/山川紘矢・亜希子ご夫妻との出会い/招待を受ける決心をする/英語がわからない/フィンドホーンの生活が始まる/フィンドホーン名物のハグ/アイリーン・キャディさんとの出会い/体験週間を無事終える/バーバラ・スウェティーナさん/いよいよ講演/アヴェ・マリア/チベットベル/オリエンタル・ヒーラー・シン

第7章 フィンドホーンを離れてロンドンに
フィンドホーンを離れる前に知ったこと/ロンドンに着くまでの冒険/ブリストル・キャンサー・ヘルプセンター/クリシュナムルティセンターの訪問/ロンドンはフィンドホーンとは違う/地下鉄駅でチェロを弾く/ロンドンのスピリチュアルな展示会/帰国して

第8章 「がんに愛を送り、消滅した」ことを振り返って
ことの始まり/退院後に行なったこと/寺山個人のプロセス/腑に落とす大切さ

エピローグ
バイク事故で五カ所を骨折/これからの旅に向けて

著者プロフィール
寺山心一翁 (てらやま・しんいちろう)1936年東京生れ。1960年早稲田大学第一理工学部電気工学科卒業、その後、東芝入社、半導体素子の研究、開発、試作に従事。1980年寺山コンサルタンツオフィスを設立。1984年に右腎臓がんとなり、手術、抗がん剤、放射線治療という現代医学による治療にもかかわらず、がんが右肺など他部位へ転移し、末期と診断されたのを機会に、自宅で死を迎えるために退院。やがてがんに愛を送り、深い気づきを得て、副作用のない様々な代替療法を自分が中心となり、自分のからだに調和をとりながら統合的に取り入れ、やがてがんは自然治癒していった。ホリスティック経営コンサルタント(1981〜)、日本ホリスティック医学協会常任理事(1987〜1995)、フィンドホーン財団評議員(1988〜)、特定非営利活動法人国際和合医療協会(ISMA)副理事長(2004〜)などを歴任。●ホームページ=http://www.shin-terayama.jp/ ●フィンドホーン関連書はこちら
本書の感想
とても勇気をもらえる一冊です。
2016/04/15
by
斎藤
あらゆる病気を持つ人にすすめたい本です。私はがんではありませんが、長年アトピーに悩まされています。とても勇気をもらえる一冊です。
本書の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
 1    2    3    4    5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.