日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
秘境

月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
秘境
谷口雅宣 (著)
定価本体1,333円(税・送料別) 造本形式46判/上製
ページ数292発売日2006/11/01
ISBN9784531052530日本教文社刊
数量:
数量は在庫がある場合は、100まで変更することができます。
特定商取引法に基づく表示
facebookでシェア Twitterでつぶやく
商品の説明

森にひとり棲むその少女は、
ひとりの新聞記者の人生を変えた――
人と自然の未来を問いかける、感動のエコロジー小説!

東北の山中で生き続けてきた、自然の「化身」のような少女と、彼女を現代社会に連れ出そうとする新聞記者との魂の交流。
二人を待っていた運命とは……?
「光の泉」2003年10月号から2005年8月号に大好評連載の長編小説を大幅改稿し、新たに書き下ろし最終章を加えた完全版、待望の単行本化なる!

商品の目次

【あらすじ】
 山形合同新聞の記者・塚本敬三はある日、ダム建設のため約50年間も孤立した山奥の集落で、今も一人の少女が生きていることを偶然知る。彼はこの「現代の秘境」を特ダネにしようと、水没したトンネルを通りぬけ、その少女サヨと出会う。
  自分で作物をつくり、木の実やキノコを採集し、魚を獲り、火も自分で起こし、亡き父母の霊に語りかけ、全ての動物や植物たちの営みの背後にある「神」を拝むサヨ。そんな彼女の生き方に塚本は深く感動し、その生活ぶりを「森の奥から」という連載記事に書いていく。
  しかし、塚本がサヨに抱いた共感はいつしか彼の心に大きな疑問を生む。独りぼっちのサヨを秘境から「救出」して再教育を施し、その過程をルポし続けようと考えていた彼は、彼女をこの「50年後の世界」に連れてくることで、今までの生き方を捨てさせることが正しいのか、迷い始めるのだった。
  そして塚本のスクープを追ってサヨの救出日にダムに姿を現わした、ライバル紙の敏腕記者、金森との対決。秘境から街にやってきたサヨの運命は? 果たして塚本のとった選択は……?

著者プロフィール
谷口雅宣 1951年、東京都生まれ。青山学院大学法学部公法学科卒。米国コロンビア大学修士課程修了(国際関係論)。産経新聞記者として横浜勤務を経て1990年、生長の家副総裁。2009年、生長の家総裁に就任。著書に『大自然讃歌』『観世音菩薩讃歌』『万物調和六章経』『宗教はなぜ都会を離れるか?ー世界平和実現のために』『生長の家ってどんな教え?』『次世代への決断』『“森の中”へ行く』(共著)『衝撃から理解へ』『日々の祈り』(世界聖典普及協会発売)短編小説集『こんなところに…』『今こそ自然から学ぼう』『太陽はいつも輝いている』『日時計主義とは何か?』(世界聖典普及協会発売)『目覚むる心地』『心でつくる世界』『ちょっと私的に考える』『神を演じる前に』(以上、いずれも生長の家刊)、『秘境』『神を演じる人々』(以上、日本教文社刊)、『小閑雑感シリーズ 全20巻』(世界聖典普及協会発売)、翻訳書に『叡知の学校』『もう手足がなくたって』(日本教文社刊)など多数がある。ブログ=「唐松模様」を執筆している。
本書の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
 1    2    3    4    5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.