日本教文社 | 総合情報サイトはこちら
平和のレシピ

月刊誌と書籍は一緒に購入できません。申訳ありませんが、別々にご購入下さい。
平和のレシピ
谷口純子 (著)
定価本体1,389円(税・送料別) 造本形式46判/上製
ページ数248発売日2015/04/01
ISBN9784531052691宗教法人「生長の家」刊/日本教文社発売
数量:
数量は在庫がある場合は、100まで変更することができます。
特定商取引法に基づく表示
facebookでシェア Twitterでつぶやく
商品の説明

世界を幸せにする、新しい暮らしと食のスタイル

私たちがどのように暮らし、何を買い、何を食べるのかは、世界の平和に直接影響を与える。本書は、すべてのいのちと次世代の幸福につながる、新たなライフスタイルを提案する。

●平和のライフスタイル、5つの提案
*「日時計主義」で生きる
*肉食を控えよう
*買い過ぎない、持ちすぎない
*地産地消を心がける
*家庭菜園にチャレンジする

著者は本書に収録されたエッセイと講演録の中で、人生の光明面を見て、すべての恵みに感謝して生きる「日時計主義」に基づいた、幸福な家庭生活の秘訣を紹介。さらに日々の暮らしの中での「消費」や「食」の正しい選択を通じて、環境破壊や資源の浪費、世界の労働者の貧困化を防ぐこと等で、平和の実現に貢献できる生活への転換を勧める。著者はまた、女性の社会的活躍に大きな期待を寄せている。一人一人の生活の改善を通じて世界を変えていく、新しい生き方の「レシピ」を提案した一冊。

著者プロフィール
谷口純子 1952年三重県に生まれ。日本航空客室乗務員を経て、1979年、谷口雅宣氏(現生長の家総裁)と結婚。1992年、生長の家白鳩会副総裁。2009年、生長の家白鳩会総裁に就任。二男一女の母。現在『白鳩』誌に「日々わくわく」、『日時計24』誌に「あなたが未来」を執筆している。著書に『平和のレシピ』『おいしいノーミート 四季の恵み弁当』『うぐいす餅とバナナ』(以上、生長の家刊)、『突然の恋』『小さな奇跡』『新しいページ』『花の旅立ち』(以上は日本教文社)、子ども向けの日記『こども日時計日記』(生長の家刊)などがある。ブログ=「恵味な日々」を執筆している。
本書の感想
平和のために自分で自らできることを知った。
2016/04/15
by
N. K.
イスラム国や、部族、小数の方への差別がひどすぎて、最近、平和にするにはどうしたらいいかと考えていたので、この本で、自分で自らできることを知り、実行したい。
すすめやすいです。
2016/04/14
by
T.S.
一般的な内容なので読みやすく、人にも進めやすいです。
本書の感想をお送りください(*は必須)
ニックネーム* ご職業(任意)
タイトル(任意)(見出しになります) おすすめ度*
 1    2    3    4    5
←良くない良い→
ご感想*
※ご投稿いただいたご感想はニックネームで、当社運営サイトや出版物に掲載させていただくこともありますので、ご了承のもとご投稿くださいますようお願い申し上げます。
「日本教文社の個人情報の取り扱いについて」をご確認の上、よろしければ「同意する」をチェックして送信してください。

ページのトップへ
Copyright 2015 NIPPON KYOBUNSHA CO. LTD. All rights reserved.